家族4人ニューカレドニア旅行

投稿者 ふねしゅー
旅行先 ニューカレドニア(カナキー)、ヌーメア
時期/日数 2010年8月、4泊6日
参加者 父親、母親、長男(3歳)、長女(1歳)
外部サイト http://www.funeshu.com/tabi/new-caledonia01.html

どんな旅行だったか

写真

夏休みを利用して、南太平洋のニューカレドニアを訪れました。 3歳の長男は2回目の海外、長女は初めてでした。首都のヌーメアに近いアンスバタビーチに4泊滞在、 といってもそれほど海遊びはせず、毎日のようにバスに乗って、あちこち出かけていました。

印象に残っているのは、ヌーメアの食堂で隣のテーブルに座ったフランス系のおじいさんと メラネシア系の兄ちゃんの2人組に話しかけられたこと。最初は警戒していた長男でしたが、 見事アイスクリームで買収された後は、保育園で習った振りつきの歌を披露したり、 おじいさんの膝の上に乗って遊んだりと、お互い言葉はまったく通じないのに、 すっかり仲良しになっていました。

良かったこと、楽しかったこと

帰国して数日後、長男が突然「ボンジュール!」と言い出したのにはびっくりしました。 ニューカレドニアはフランス語圏、でも旅行中はひと言も喋らなかったのに。。 でもちゃんと覚えていたみたいで、その後もときどきギャグのように使っています。 また、食堂でのおじいちゃんとの出会いはとても楽しかったようで、「ボンジュール」 と言ったあとはたいてい、「ひげのおじいちゃん」について話してくれます。

好き嫌いの激しい長女。あれも嫌い、これも嫌だと、家ではいつも選り好みばかり。 ところが旅行中は、色々動き回ってお腹が空いていたのでしょう。広場で開かれていたメラネシアの お祭りで、バナナを煮込んだ郷土料理。その甘さと味に親2人が苦戦する中、 パクパクと進んで口に運んでいました。やれば、できるじゃないか!

大変だったこと、失敗したこと

夕陽の名所といわれるウアントロの丘、登りに行ってその眺めを楽しんだまでは良かったのですが、 問題はその下り。当たり前なことにどんどん暗くなり、しかも子連れのため下山スピードは遅く、 一緒に歩いていたほかのハイキング客たちも、気がつくといなくなっていました。 車の走っている音は聞こえるものの、舗装路への出口が分からず、子供たちはぐずり始め、 プチ遭難気分を味わう羽目になりました。

でも、都会育ちの子供たちに、初めて日没を見せてあげることができて、 南十字星も見つけることができたので、よかったです。

その他、印象に残ったこと

写真

フランス領のニューカレドニア。ガイドブックには「ヌーメアは太平洋のプチ・パリ」だなんて 書いてありましたが、実際に訪れてみたら印象は全然違いました。フランス文化の影響は大きいけれど、 やっぱりメラネシアの島国。近いうちに独立か田舎の住民投票が行われると聞いていますが、 独立した暁には採用される予定のカナキー国旗をあしらったシャツやズボンを着ている人を、 ちらほらと見かけました。

子供たちが次にニューカレドニアを訪れる機会があったら、 ひょっとしたらその頃には地図が塗り変わっているのかも。 そんな子供たちの未来のことを、ふと考えてしまう旅でもありました。

あなたの旅育体験を募集しています!

旅育ひろばは、みなさまからの投稿記事で成り立っています。 かわいい子供と一緒の家族旅行、若い頃の思い出の旅、 旅を通じて学んだことや成長したこと、などなど。あなたの旅育体験をお送り下さい。 ⇒ 投稿ページはこちらから



ページの先頭に戻る