ホームモデルプラン&旅行情報 > イスタンブール(トルコ)

おすすめ旅行情報/イスタンブール(トルコ)


国旗

ヨーロッパとアジアを結ぶ交差点、文明の十字路とも称されるトルコ最大の都市イスタンブール。 世界の歴史上、最も大きな役割を果たした都市といっても過言ではありません。

古くは330年、ローマ帝国の首都が置かれ、コンスタンチノープルと呼ばれました。 以来、西のローマはすぐに滅んでしまいますが、東のローマは生き続けます。 東ローマ=ビザンティン帝国の都として、今もイスタンブール郊外に残るテオドシウスの城壁は、 この街を外敵から1000年以上守り続けました。

誰も陥とせなかった街を征服したのは、1453年のオスマントルコ。その後も繁栄を誇るイスラム世界の中心地として、 シルクロードの西の玄関口として、今も多くの旅人たちを惹きつけます。

写真

【スルタンアフメット・ジャミイ(通称ブルーモスク)】

写真

【テオドシウス城壁】

イスタンブールは多くの旅人が集まる町です。ヨーロッパからギリシャや東欧を越えてやって来た者は、 モスクの尖塔やバザールの喧騒にアジアを感じると言います。インド方面からアジアを横断してやって来た者は、 路面電車の走る旧市街や、新市街のおしゃれな店舗群に、ヨーロッパを感じると言います。

あるいは中央アジアとも縁の深いこの国で、ビザを取得するために滞在する者がいます。 シリアからヨルダン、そしてエジプトへと、さらなる旅の深みを求めて中東からアフリカを目指す者がいます。

もし、あなたが途方もなく長い旅に出たくなったとき、必ずイスタンブールを訪れることがあるでしょう。

都市圏人口 1090万人
主たる特徴 欧亜の交差点、文明の十字路
歴史 ★★★★/ローマ、ビザンティン、オスマントルコ、歴代大帝国の魅力が凝縮
景観 ★★★★/ボスポラス海峡や金角湾を隔て、丘の多い美しい街並みです
治安 ★★★/普通には何の問題もありませんが、睡眠薬強盗のメッカなので注意!
沈没度 ★★★★★/私個人的には、日本以外で最も長く滞在した街です
世界遺産 1985年(文化遺産)/トプカプ宮殿、アヤソフィア、ブルーモスク、テオドシウス城壁など
訪問時期 1997年1月、2001年11月、2002年5~7月

★印は5段階評価です。その基準については、こちらをご覧下さい



ページの先頭に戻る