ホームモデルプラン&旅行情報 > ローマ(イタリア)

おすすめ旅行情報/ローマ(イタリア)


国旗

ローマは一日にして成らず。全ての道はローマに通ず。 そんな数々の格言が、世界史におけるこの街の重要性を物語っています。

カトリックの総本山であり、世界最小の独立国家であるバチカン市国はローマ市内にありますし、 誰もがテレビや雑誌を通じて何度も見たことがあるスペイン広場や、トレビの泉、真実の口など、 とにかく有名な見どころに事欠きません。

しかし、何と言ってもローマが世界中の人々を惹きつけるのは、やはりその豊潤な歴史遺産のためでしょう。 円形劇場のコロッセオや古代ローマの都市遺跡フォロ・ロマーノは、 今もイタリアの首都として栄えるローマの中心部に残り、歴史の深さを感じさせます。

写真

【フォロ・ロマーノ遺跡】

写真

【ローマ帝国の変遷を描いた歴史地図】

その中でも私が印象に残っているものが2つあります。 1つはコロッセオに隣接して壁画のように描かれていた4枚の歴史地図です。 最初は都市国家の1つであったローマが、やがて地中海世界の覇者となるまでの歴史を描いた、 教科書に必ず載っているような地図でしたが、大勢の観光客が見入っていました。 ヨーロッパの人々にとって、たとえ今は国が違ってもローマはふるさとなのでしょう。

もう1つは、ローマ市街から南部へと延びるアッピア旧街道です。 石畳が続く古道の周辺に、古代ローマ人たちの社交の場であったカラカラ浴場や、水道教の遺跡が残っています。 自転車旅行だった私にとっては走りにくかったのですが、全ての道はローマに…、を実感する道のり、 地元のおじさんに話しかけられたのも良い思い出です。

都市圏人口 272万人
主たる特徴 古代ローマ帝国の都にして、カトリックの総本山
歴史 ★★★★/古代ローマ時代の遺跡のほか、ルネサンス期の見どころも多くあります。
景観 ★★/都市の中に忽然と遺跡があり、また中世の美しい建造物が多く見られます。
治安 ★★★/観光客がとにかく多い街ですので、これを狙う輩も残念ながらいます。。
沈没度 ★★★★/私はあまり長居をしなかったのですが、1週間あっても見切れないでしょう
世界遺産 1980年(文化遺産)/フォロ・ロマーノ、コロッセオ、サンタマリア・マッジョーレ大聖堂など
訪問時期 2001年10月

★印は5段階評価です。その基準については、こちらをご覧下さい



ページの先頭に戻る