ホームモデルプラン&旅行情報 > 中国シルクロード河西回廊

中国シルクロード河西回廊(西安~張掖~酒泉~嘉峪関~敦煌)

おすすめポイント

河西回廊とは黄河の西、南の祁連山脈、北の砂漠地帯に挟まれ、東西に伸びた細長い平地のことを言います。 かつて漢の武帝が進出し、武威、張掖、酒泉、敦煌の四郡を配して以来、ウイグル、中央アジア方面に伸びる国際通商路、 すなわちシルクロードの一部として栄えました。

西安や敦煌をメインに据えたツアーは多いですが、 歴史ロマンあふれる河西回廊の諸都市を1つ1つじっくりつないでいく旅は、また格別です。 古代の英雄に思いを馳せながら、シルクロードを西へ訪ねる旅を、ぜひご体験下さい。

写真

【西安/西の城門、安定門】

写真

【敦煌/莫高窟】

ご日程案

日付 都市 交通手段 時間帯 行程
日本
西安
飛行機
 
東京/大阪/名古屋など⇒(経由)⇒西安
西安泊
西安
 
 
 
 
  
列車
 

 

 
西安滞在
★かつて長安と呼ばれた中国随一の古都、幾多の王朝の史跡が残ります
西安発、夜行列車にて張掖へ移動
列車泊
張掖
 
 
終日
 
 
張掖滞在
★河西回廊のオアシス都市の中でも、最も繁栄したと言われる街です
張掖泊
張掖
酒泉
 
嘉峪関
 

 
  

 
午前
午後
 
夕方
 
張掖発、車にて酒泉へ移動
酒泉滞在
★鐘鼓楼を中心とする街並み、屋台巡りも旅の楽しみの1つです
観光後、嘉峪関へ移動
嘉峪関泊
嘉峪関
 
敦煌
 
 
 
車 
 
午前
 
午後
 
嘉峪関観光
★万里の長城の西端、人類最大の建造物、その規模に圧倒されます!
嘉峪関発、車にて敦煌へ移動
敦煌泊
敦煌
 
 
終日
 
 
敦煌滞在
★シルクロード観光のハイライト、歴史好きにはたまらない魅力です
敦煌泊
敦煌
 
 
終日
 
 
敦煌滞在
★莫高窟や鳴沙山のほか、玉門関や陽関へも、ぜひ足を延ばして下さい
敦煌泊
敦煌
日本
飛行機
 
 
 
敦煌⇒(経由)⇒東京/大阪/名古屋など
 ご自宅まで気をつけてお帰り下さい

見どころ紹介

西安

かつて長安と呼ばれ、漢や唐など幾多の王朝が都を置いた古都。 シルクロードはこの街に始まり、遠くユーラシア大陸を越えて、イスタンブールやローマへ至ります。 秦の始皇帝陵、楊貴妃ゆかりの華清池、玄奘三蔵法師ゆかりの大雁塔など、中国史を彩る名跡にあふれています。

張掖

河西回廊のオアシス都市の中でもひときわ栄えたシルクロードの要衝。その繁栄ぶりは金の張掖と称されたほど。 マルコポーロが1年近く滞在した都市としても知られ、元の皇帝フビライが生まれた大佛寺や、 中国全土でも珍しい木組みの楼閣、万寿寺木塔などの見どころがあります。

酒泉

酒が湧き続けたという伝説の泉に由来する河西回廊の中心都市。名酒器として名高い夜光杯の産地でもあります。 三層の鐘鼓楼を中心に、商店街や市場が広がり、西域ムードを感じさせます。

写真

【張掖/市街中心部】

写真

【嘉峪関/懸壁長城からの眺め】

嘉峪関

人類最大の建造物、万里の長城の西の終点です。北大河を見下ろす断崖絶壁の万里長城第一トン(土へんに敦)や、最大傾斜角45度の懸壁長城など、 遠くに続く祁連山脈の眺めや荒涼とした砂漠の風景とあわせ、壮大な長城の魅力を堪能して下さい。

敦煌

中国西域観光のハイライト、漢の武帝が郡を置き、関所を構えて以来、東西交流の重要な拠点として栄え、 また異民族との攻防戦の舞台となりました。砂漠の大画廊と称される莫高窟や、美しい砂丘の鳴沙山が有名ですが、 時間に余裕があれば、シルクロードの出発点、玉門関や陽関の訪問がおすすめです。

アレンジプラン

国旗

出発地の西安は大変に見どころの多い都市です。主だった名所を回るだけでも3~4日かかります。 日程案では1泊のみとしていますが、もちろんじっくり数日のご滞在がおすすめです。

麦積山石窟観光の拠点となる天水、黄河に面した牛肉麺の故郷蘭州、 河西回廊の東端に位置するオアシス都市武威など、ほかにも見どころは盛りだくさん。 敦煌からさらに足を伸ばして、ウイグル自治区、トルファンやウルムチを目指す旅も魅力的です!



ページの先頭に戻る