最近小学五年生になる長男がはまっているのが『ズッコケ三人組』。

 一度は読んだことのある人が多いと思いますが、知らない方のために説明
すると、ハチベエ、ハカセ、モーちゃんという3人の少年が活躍する物語。
累計発行部数は2500万部とも言われ、ドラマや映画にもなっています。

 え? 思い出した? 子供の頃よく読んでいたって?

 僕が小学生の頃は、10巻あまりが出ていました。江戸時代にタイムスリッ
プする話とか、株式会社をつくる話とか! その後も毎年刊行され、全50巻
で完結しているんです。

 長男が図書館から借りてくるズッコケシリーズを、一緒になって読んでいる
のですが、ウン十年ぶりに読むと、これがけっこう面白い。小学生時代に戻っ
た気分で楽しんでいます(笑)

 そんなズッコケ三人組、続編として大人になった『中年編』も刊行されてい
るのですね。こちらは未読ですが、再び同世代になったハチベエたちの話を読
むのって、同窓会に出席するみたいで、なんだかちょっとドキドキします。
(代表 ふねしゅー)