学生時代に一度だけフルマラソンを走ったことがあります。タイムは4時間ちょっとでした。

 当時サイクリング部に所属し、体力的には人生のピーク。持久力には自信がありましたが、自転車とランニングは使う筋肉の部位が異なるのですね。35キロを過ぎたあたりから、足が動かなくなりました。

 大会ゼッケンには4桁の番号が記され、上2桁を見れば年齢が分かる仕組み。つまり僕の場合は2から始まる数字でしたが、40キロ手前で、5千番台、6千番台のランナーに次々抜かされていったことをよく覚えています。

 今、自分が中年と呼ばれる年代になりましたが、同世代あるいは上の世代で、ランニングを楽しんでいる人は本当に多いですね。

 子供が小学校に上がって、2キロ程度のミニマラソンを一緒に走るようになって、まだすぐに息が上がってしまうレベルですが、いつかもう一度。

 これから涼しい季節、時間を作って少しずつ走ることにしました。20年前の自分を越えて、3時間台のタイムが目標です。(ふねしゅー)