ホームモデルプラン&旅行情報 > アテネ(ギリシャ)

おすすめ旅行情報/アテネ(ギリシャ)

国旗

ギリシャ文明の発祥地、また近代オリンピックが始まった都市として、アテネはよく知られています。 アクロポリスの丘に建つパルテノン神殿はとても有名ですね。

賢人たちが議論を戦わせたと言われている古代アゴラの遺跡、 1896年に最初のオリンピックが開催されたパナティナイコ・スタジアム、 海まで見渡せる眺望が素晴らしいリカヴィトスの丘、そして歴史ファンなら必見の考古学博物館など、 アテネ市内には1~2日では見切れないほど、多くの見どころがあります。

しかし、この街の本当の魅力はそれだけではないと私は思います。 政治体制から西ヨーロッパに区分されることが多いギリシャですが、実際はバルカン半島の端に位置し、 ブルガリアや旧ユーゴ、そしてトルコといった東欧~中東の国々と接しています。

写真

【古代アゴラの遺跡からパルテノン神殿を望む】

写真

【リカヴィトスの丘から見た夕焼け】

私が以前、初めてこの国を訪れたときに驚いたのは、ΩやΣといったギリシャ文字が現役で使われている という事実を知ったことでした。数学や物理の授業でおなじみのギリシャ文字、私はそのときまで、 日本語の「ゐ」や「ゑ」と同じように、とうの昔に使われなくなった古い文字だと思っていたのです。

読めないけれども、なんとなく見覚えがあるギリシャ文字の看板があふれているアテネ市内。 アテネの最大の魅力は、他の西ヨーロッパ諸国では決して味わえないオリエンタルな異国情緒です。

トルコの影響を受けた軽食のギロやスブラギ、カトリックやプロテスタントの教会とは趣が異なる ギリシャ正教の聖堂、そして褐色に日焼けした陽気な人々。地中海に面し、中東やアフリカが近いことを感じさせます。 アテネを出発して、遠く長い旅を始めたくなってしまうかもしれません。


旅行お見積り

都市圏人口 369万人
主たる特徴 ギリシャ文明発祥の地にして、第1回近代五輪の開催都市
歴史 ★★★★★/パルテノン神殿をはじめとした古代ギリシャの遺跡群は必見です。
景観 ★★/私が訪れたときは五輪直前で、至るところ工事中。今は落ち着いているはずです。
治安 ★★★/財政危機に端を発したデモやストライキが気になりますが、観光への影響は小さいです。
沈没度 ★★★/ギリシャのどこへ行くにも拠点となる街です。地下鉄を乗りこなして歩きましょう。
世界遺産 1987年(文化遺産)/アクロポリス(パルテノン神殿)
訪問時期 2001年10月

★印は5段階評価です。その基準については、こちらをご覧下さい



ページの先頭に戻る