ホームモデルプラン&旅行情報 > ブダペスト(ハンガリー)

おすすめ旅行情報/ブダペスト(ハンガリー)

国旗

ブダペストは、ドナウ川を挟んで西側がブダ、東側がペストという2つの街から成り立っています。 えーっ、嘘だ! と思う方がいるかもしれませんが、本当です。

ドナウ川はドイツ南部を源流とし、オーストリア、スロバキア、セルビアなど中東欧の各国を流れ、 黒海に注ぐヨーロッパを代表する国際河川です。多くの都市がドナウ川の流域に栄えましたが、 その中でもブダペストは最もドナウに愛された美しい街だと言われています。

西側のブダには王宮があります。丘の上から見下ろすドナウ川と、対岸のペストの街並みは最高です。 一方でペストは商業の町、地下鉄とトラムが走り、繁華街が続いています。

ブダとペストを結ぶ幾本もの橋が、ドナウ川に架けられています。19世紀に初めて架けられたセーチェニの鎖橋は、 橋の両側に置かれたライオン像が有名です。世界遺産にも指定された美しい橋ですので、のんびり散策がてら歩いてみるのがおすすめです。

写真

【ドナウ川とブダペストの全景】

写真

【ブダペスト新市街】

ブダペストの大きな魅力は、温泉都市だということです。市内に100ヶ所以上の源泉と、50を数える浴場があるそうです。 ハンガリーがアジア系民族の国であることは知られていますが、日本人と同じようにお風呂が好きで、 ここに温泉が湧く地を見つけ、定住することを決めたのかもしれません。

海外での温泉というと、着衣が原則で、身体を洗うこともできず、 人によっては、ただの温水プールのような雰囲気にがっかりしてしまうこともあるかもしれませんが、 ブダペストには歴史を感じさせる素適な温泉がたくさんあります。

私が訪れた温泉では、ふんどしのような布を貸与され、これを腰に巻くというスタイルでの入浴でした。 かなり素っ裸に近い感覚です。海外で温泉に入るときって、どれだけ素っ裸に近づけるかが、 日本人にとってのお風呂気分を味わえるかどうかの、大きなカギだったりしませんか?

ヨーロッパ随一の温泉都市ブダペストで、遠い日本とのつながりに思いを馳せてみるのもオツなものです。


旅行お見積り

都市圏人口 248万人
主たる特徴 ドナウの真珠、ドナウ川に最も愛された街
歴史 ★★★★/10世紀頃、東方からやって来たアジア系マジャール人により建国されました。
景観 ★★★★/ドナウ川を挟んで、歴史的な美しい景観が広がっています。
治安 ★★★/歴史あるキラーイ温泉ですが、ホモ温泉としても有名。興味ない人は行かないように…。
沈没度 ★★★★/ヨーロッパ有数の温泉都市ブダペスト、ゆっくり滞在して温泉めぐりもいいですね。
世界遺産 1987年(文化遺産)/ブダ城、マーチャーシュ聖堂、セーチェニの鎖橋など
訪問時期 1997年2月

★印は5段階評価です。その基準については、こちらをご覧下さい



ページの先頭に戻る