ホームモデルプラン&旅行情報 > デルフィ(アテネ)

おすすめ旅行情報/デルフィ(ギリシャ)

国旗

「大地のへそ」の異名をとるギリシャ中部のデルフィ遺跡。「へそ」なんて言うくらいだから、 さぞかし世界の中心としての、雄大さ広大さが感じられる遺跡なのだろうと期待して訪れたのですが、 むしろ私の印象は真逆、ここは「大地の果て」ともいうべきおどろおどろしい雰囲気に満ち満ちています。

アテネから車で3時間くらいという距離にあるデルフィですが、周囲は険しい山、山、山。 急斜面にへばりつくようにして細い道がくねくねと曲がり、デルフィの町もまた斜面にへばりついています。 私が訪れたときは、天気が悪かったこともあって、それこそ空が落ちてきそうな暗さがありました。

写真

【デルフィ遺跡】

写真

【デルフィ近郊のつづら折りの道】

そんなデルフィ遺跡は、古代ギリシャ、ポリスと呼ばれた都市国家にとって聖地とされていました。 デルフィにて下される神のお告げ(神託)は世にもありがたく、ギリシャじゅうからデルフィの神託を受けるために、 多くの人々がこの地にやってきたといいます。アポロン神殿、およびこれに続く参道には、 人々から寄贈された宝庫や像が立ち並び、大いに栄えたそうです。

アポロン神殿のほか、野外劇場、競技場など、こんな険しい山の斜面に、 よくこれだけの規模の施設を建設することができたなと、感心します。地震や大雨があれば、 崖崩れで崩れてしまいそうな場所ですが、2000年たってなお形を留めているのは、 まさに神々の神託に護られているからなのかもしれません。


旅行お見積り

時代 紀元前8~4世紀
建設者 古代ギリシャ(都市国家)
規模 ★★/アポロン神殿、野外劇場、競技場など、短時間で回ることは可能です
景観 ★★/聖なるパルナッソス山の中腹に、へばりつくように建つ遺跡群!
独自性 ★★★/数あるギリシャ遺跡の中でも、筆頭格と言えるでしょう!
難易度 ★★/アテネからバスがありますが、ツアーで訪れるのが一般的でしょうか
世界遺産 1987年登録(文化遺産)
訪問時期 2001年10月

★印は5段階評価です。その基準については、こちらをご覧下さい



ページの先頭に戻る