ホームモデルプラン&旅行情報 > プラハ(チェコ)

おすすめ旅行情報/プラハ(チェコ)

国旗

世界で一番ビールがうまい、と言われるチェコの首都プラハ。 ピルスナービール(日本で飲まれているビールのほとんどがコレ)発祥の地とされています。 ビール好きにはなんともたまらない誘い文句ですが、プラハの魅力はそれだけではありません。

プラハの素晴らしさはなんといっても中世さながらの旧市街。 ヨーロッパには古い街並みを残した都市が数多くありますが、中でもプラハの旧市街は随一です。

プラハに着いたら、まずは旧市街広場を目指しましょう。 からくり天文時計が人気の旧市庁舎前から、どちらの方向に歩いていっても、 歴史ある教会や洒落たお店が並び、散策する大勢の観光客で賑わっています。

ビールを売っているスタンドもありますので、ボヘミアの歴史に思いを馳せつつ、 昼間から一杯やるのもいいかもしれません。

写真

【ヴルダヴァ川とカレル橋】

写真

【プラハ城内、黄金小路】

石畳のカルロヴァ通りを抜けていくと、ヴルタヴァ川に架かるカレル橋が現れます。 橋のたもとから対岸のプラハ城の眺めは最高で、600年前から変わらない景色を保っているそうです。

カレル橋を渡り終えて、坂を上っていくとプラハ城です。大統領官邸、旧王宮、聖ヴィート大聖堂など、 これでもかというくらいに見どころが目白押し、土産店が並ぶ「黄金小路」を抜けて、 再びヴルタヴァ沿いに出るという周遊コースは、たっぷり丸1日かけて楽しめます。

そんなプラハで私が印象に残っているこぼれ話は、ヴルタヴァ川に近い公園沿いの道を、 セグウェイに乗った3人組が颯爽と走り去っていったこと。 そして地下鉄のエスカレーターの速度が日本では考えられないくらい速かったことです。


旅行お見積り

都市圏人口 196万人
主たる特徴 中世の街並みが現存する百塔の都
歴史 ★★★/14世紀に神聖ローマ帝国の首都が置かれ、大いに発展しました。
景観 ★★★★★/中世の雰囲気の残す旧市街は、ヨーロッパで最も美しい都市と評判です。
治安 ★★★/ビールが美味しい街ですが、飲み過ぎての夜歩きには気をつけましょう。
沈没度 ★★★★/旧市街~カレル橋の一帯は、何度歩いても飽きないであろう魅力があります。
世界遺産 1992年(文化遺産)/プラハ城、カレル橋、旧市庁舎、旧市街広場など
訪問時期 2006年9月

★印は5段階評価です。その基準については、こちらをご覧下さい



ページの先頭に戻る