たびえもんは旅のチカラでみんなの夢をかなえる会社です。創業理念は「旅育」、未来を担う若い世代の旅を応援します。

搭乗手続/出国審査について/子連れ海外旅行の作り方


『海外旅行で子供は育つ!!』子供の人生を豊かにする"旅育"のヒミツが1冊の本になりました!

第3回 搭乗手続/出国審査について(幼児は特別扱いされる?)

本バナー
たびえもんのウェブサイトにご来訪ありがとうございます。
当サイトの記事を参考に、ぜひ楽しい家族旅行を実現して下さい!

日本は島国です。だから外国に行くには必ず海を越えなくてはいけません。
一部、韓国、中国、ロシアへは船で行く方法もありますが、大多数の日本人にとっては飛行機、
つまりまず空港を利用することになります。

空港でのチェックインや、出国の流れについてお話をしましょう。

預けられる荷物の量は、2歳以上と2歳未満で違う

空港に着いて、まず行うべきは搭乗手続(チェックイン)です。
航空会社のカウンターでパスポートと航空券を呈示し、荷物を預け、搭乗券を受け取るという流れは、
子供がいようといまいと同じです。

第2回でお話した小児運賃と幼児運賃によって、受託手荷物(預け荷物)の重量制限が変わってくるという点に注意です。2歳未満で座席なしの幼児運賃の場合は、より少ない量の荷物しか認められていません。

下表は、日本航空でエコノミークラスを利用した場合の比較です。他の航空会社でもおおむね共通ですが、北米路線と、その他路線(アジア・ヨーロッパなど)で基準が異なります。

赤ちゃんの荷物がそんな大量に必要なことはなく、大人の許容量にプラスして運べるわけですから、実際は余裕があると思います。。

※国際的な手荷物ルールが改定され、表の情報は古くなっています。ご注意下さい。

アメリカ(グアムを含む)、
カナダ発着便
その他の発着便(アジア、
ヨーロッパ、オセアニア)
大人運賃 2個:それぞれの手荷物が23キロを超えないこと。
3辺の和が158センチを超えないこと。
さらに2個の3辺の和の合計が273センチを超えないこと。
重量の合計が20キロを超えないこと。
小児運賃 大人運賃と同じ 大人運賃と同じ
幼児運賃 1個:3辺の和が115センチを超えないこと。
および、折りたたみ式乳母車、乳児の携帯用揺りかご、チャイルドシートのいずれか1つ。
重量の合計が10キロを超えないこと。
および、折りたたみ式乳母車、乳児の携帯用揺りかご、チャイルドシートのいずれか1つ。

ベビーカーは搭乗口まで利用可能、空港での貸し出しもある

写真

小さな子供連れの場合、気になるのはベビーカーの取扱いです。
幼児運賃でも別途ベビーカーを預けることは可能ですが、
チェックイン時に預けてしまうと、その後の出国審査や、搭乗ゲートまでの長い移動を、抱っこで歩かなくてはいけません。

それでは大変ですね。。でも、心配は無用です! ベビーカーは出国審査を経て搭乗口まで使うことができます。
搭乗口で係員に預けて下さい。通常は目的地に着いてすぐ、やはりゲートで受け取ることできます。

旅行にはベビーカーを持参しないという人も、空港での貸し出しを受けられます。
空港や航空会社によって対応が異なる場合がありますので、事前に確認しましょう。

液体物の持ち込み制限、赤ちゃんの飲み物は認められるのか……

チェックインが済むと、いよいよ出国手続きです。
手荷物検査などのセキュリティチェックがあり、パスポートを呈示しての出国審査があります。
申告するものがある人は、税関の手続きもここで行います。

これらの流れは、特に子連れだからといって変わることはありませんが、
液体物の持ち込み制限について補足します。

ご存知の方も多いと思いますが、イギリスで発生した航空機爆破テロ未遂事件をきっかけに、
2007年3月以来、国際線における液体物の機内持ち込みが制限されています。

飲み物はもちろん、歯磨き粉やヘアスプレーなども規制の対象となり、
個々に100ミリリットル以下の容器で、合わせて1リットル以内のジッパー付き透明プラスチック袋に入れるという
決まりになっています。

例外として認められているのが、医薬品と、ベビーミルクなど乳児用の食品です。
ストロー付きの水筒など飲み物の持込みも認められます。

もっとも絶対ではありません。あくまで手荷物検査時の係官の判断になります。
私自身の経験ですが、当時1歳の長男に用意したストロー付き水筒について、
「飲んでみていただけますか?」と尋ねられたことがあります。

その場で一口おいしくお茶をいただき、無事に手続き完了となりましたが、
何か怪しまれたのかなと思うと、今もって少々複雑な気分です。。(考え過ぎ?)

記事は参考になりましたでしょうか? 
ぜひ、他のページもご覧になって、楽しい家族旅行を実現して下さい!




お問い合わせ/ご相談はこちら

画像

たびえもんでは、子連れ旅行を応援する旅行会社です。
子連れ海外旅行(旅育プラン)のご相談/お見積(無料)をお受けしています。

  • 「エネルギッシュなアジアの街を子供に体験させたい!」
  • 「広大なアメリカ大陸の大自然を子供と巡りたい! 観光もしたい!」
  • 「サッカーが好きな子供を連れて、本場ヨーロッパのサッカー観戦に行きたい!」

そのほか、パパやママがかつて住んでいた思い出の国(都市)を、子供に見せてあげたい!  などなど、子供と一緒にアクティブに海外体験したい! というお問い合わせ大歓迎です。

出発日、周遊ルート、ホテルや観光のご選択によって、ご旅行代金は変わってまいります。
訪問都市の追加や、日数の増減など、アレンジも自由にできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

電話で相談 メールで相談
03-6914-8575
営業時間:月~土曜日(10:00~17:30)
休日:日曜・祝日
総合旅行業務取扱管理者 : 木舟周作
バナーをクリックし、投稿フォームよりご連絡下さい
旅行お見積り
※お問い合わせの際は、旅行先や時期などのご希望をお伝え下さい。
オフィス(東京都練馬区)にご来店いただいての旅行のご相談もお受けしています。
 担当者が不在の場合もございますので、事前のご連絡をお願いいたします。
※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取扱う取引に関する責任者です。
 ご不明な点があれば、遠慮なく取扱管理者にお尋ね下さい。
たびえもんロゴ
株式会社たびえもん
電話&FAX 03-6914-8575
東京都登録旅行業第3-6523号、一般社団法人全国旅行業協会(ANTA)正会員
 


本バナー


LINE はじめました
友だち追加でクーポンGET!



PAGETOP
    Copyright © 株式会社たびえもん All Rights Reserved.