ホームモデルプラン&旅行情報 > 仏教八大聖地をめぐる心の旅

仏教八大聖地をめぐる心の旅(サールナート~ブッダガヤ~クシーナガル~ルンビニ)

ウェブサイトをリニューアルしました。自動的に新しいページにジャンプいたします。
切り替わらない場合は、お手数ですがこちらをクリックして新しいページにお進み下さい。

画像

おすすめポイント 21世紀の今だからこそ、訪ねてみたい価値がある

日本の歴史に、日本人の心に、深い影響を与え続けてきた仏教。初詣やお葬式のときくらいしか、仏教に触れる機会は少ないかもしれませんが、一生のうちに一度は訪ねてみたいところ。

北東インドからネパールにかけて点在する、ブッダゆかりの地。生誕の地ルンビニ、成道の地ブッダガヤ、初転法輪の地サールナート、そして涅槃の地クシーナガル。時を越えて、世界中で多くの人々に受け継がれてきた仏教の故郷を周遊し、ブッダの足跡を訪ねる旅。

写真

【サールナート/最初の説法】

写真

【ラージギル/霊鷲山に至る山門】

ご日程案

日付 都市 交通手段 時間帯 行程
日本
デリー
飛行機
 
東京/大阪/名古屋など⇒(経由)⇒デリー
デリー泊
デリー
バラナシ
 
 
飛行機
 
午前
午後
 
デリー滞在
デリー発、飛行機にてバラナシへ移動
バラナシ泊
バラナシ
サールナート
 
終日
 
 
バラナシ滞在/サールナート観光
★バラナシ郊外、のんびりした雰囲気の仏教聖地サールナートへ
バラナシ泊
バラナシ
ブッダガヤ
 
列車
 
 
午前
午後
 
バラナシ発、列車にてガヤへ移動
ブッダガヤ滞在
ブッダガヤ泊
ブッダガヤ
 
 
終日
 
 
ブッダガヤ滞在
★ゆったりとした時間が流れる聖地、座禅体験もおすすめです
ブッダガヤ泊
ブッダガヤ
ラージギル
パトナー

 
 
終日

 
ブッダガヤ発、車にてパトナーへ移動
途中、ラージギル&ナーランダ観光
★竹林精舎のラージギルと、三蔵法師ゆかりのナーランダへ
パトナー泊
パトナー
ヴァイシャーリー
クシーナガル

 
 
終日
 
パトナー発、車にてクシーナガルへ移動
途中、ヴァイシャーリー観光
★今はひなびた小さな村に、アショカ王の仏塔が残されています
クシーナガル泊
クシーナガル

ルンビニ

 
 
午前

午後
クシーナガル観光
★各国寺院のほか、荼毘に付された塚などが残されています
クシーナガル発、車にて、国境を越えて、ルンビニへ
ルンビニ泊
ルンビニ
 
 
終日
 
 
ルンビニ滞在
★マーヤー堂や沐浴の池など、ブッダ生誕にゆかりの史跡へ
ルンビニ泊
10 ルンビニ
バイラワ
カトマンズ
 
飛行機
 
午前
午後
 
デリー滞在
バイラワ発、飛行機にてカトマンズへ移動
カトマンズ泊
11 カトマンズ
 
飛行機
 
 
 
カトマンズ⇒(直行/経由)⇒
機中泊
12 日本
 
 
 
⇒東京/大阪/名古屋など
 ご自宅まで気をつけてお帰り下さい
画像

見どころ紹介

サールナート(初転法輪の地)

ブッダガヤで悟りを開いたブッダが次に訪れて、初めて人に説法をした場所がサールナート。当時から重要な聖地として多くの宗教者を集めていたバラナシの近郊にあり、鹿が多く棲んでいたことから、日本では鹿野苑とも呼ばれています。

ブッダガヤ(成道の地)

日本にも多くの影響を与えた仏教の聖地。ブッダ(お釈迦様)が悟りを開いた場所になります。高さ52メートルの大塔マハーボディー寺院を中心に、日本をはじめ、中国、タイ、スリランカなど、各仏教国の寺院が集まっています。

ラージギル(酔象調伏の地)

マガダ国の都としてブッダが長く滞在した町。竹林精舎、霊鷲山などの仏跡が残っています。ブッダ入滅後には弟子たちにより第1回目の仏典結集が行われました。町なかに温泉があり、着衣ですが入浴を楽しむこともできます。

ナーランダ(最古の仏教大学)

ブッダに直接のゆかりがなく、八大聖地には含まれていませんが、最古の大学が置かれた場所として遺跡が残っています。7世紀には三蔵法師として知られる玄奘が、唐の西安からはるばる旅をして、この地に辿り着き、5年間学んだとされています。

写真

【クシーナガル/ブッダを荼毘に付した塚】

写真

【ルンビニ/ルンビニの園】

ヴァイシャーリー(猿王奉蜜の地)

商業都市として栄えていた町で、ブッダもその生涯において何度も訪れました。入滅に至る最後の旅の途中に立ち寄った際には、遊女アンバパーリーから接待を受け、また、第2回目の仏典結集が行われた場所でもあります。

クシーナガル(涅槃の地)

ブッダが80年の生涯を終えた入滅の地。チュンダの供養した料理(豚料理ともキノコ料理とも)を食して下痢をおこし、2本の沙羅双樹の木の間で横たわり、多くの弟子や動物たちに見送られながら、最期の時を迎えたとされています。

ルンビニ(生誕の地)

仏教八大遺跡の中で、唯一ネパール領にあります。産気づいたマーヤー夫人が休憩したルンビニの園で、脇の下からブッダを産み落としました。近郊には、シッダルタ王子(のちのブッダ)が少年時代を過ごした、シャカ族の都カピラヴァストゥの遺跡もあります。

アレンジプラン

国旗 国旗

上記のプランでは、仏教八大聖地うち6つしか訪れていません。残りの2ヶ所は、祇園精舎で知られる舎衛城シュラヴァスティと、天界に昇り母親のマーヤー夫人と再会を果たしたブッダが、再び地上に降りたとされる伝説の地サーンカーシャです。

シュラヴァスティ、サーンカーシャを加えて、八大聖地巡礼を完成させることもできますし、逆にご希望に応じて、訪問箇所や日数を短縮することもできます。

ブッダガヤやルンビニは訪れたことがあるから、そのとき行けなかった残りの仏教聖地を訪ねたい。アグラやカジュラホなど、仏跡以外の見どころも含めたツアーにしたい。などなど、自由にご相談下さい!

たびえもん代表(ふねしゅー)のひと言

画像

旅行経験豊富な私が、みなさまの旅をサポートいたします! お気軽にご相談下さい。

木舟周作(ふねしゅー)

かつて自転車で世界旅行をしていた頃、何度となく聞かれた「お前の宗教は?」という質問。 とりあえず仏教かな? という程度の気持ちで答えていたのですが、その旅の後半でインドを訪れたときに、思い立って八大聖地を巡ることにしました。はい、もちろん自転車で(^^)


画像

お問い合わせ/ご相談はこちら

モデルプランを参考に、旅行のお見積(無料)をお受けしています。

出発日、周遊ルート、ホテルや観光のご選択によって、ご旅行代金は変わってまいります。
 訪問都市の追加や、日数の増減など、アレンジも自由にできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

電話で相談 メールで相談
03-6914-8575
営業時間:月~土曜日(11:00〜18:00)
休日:日曜・祝日
総合旅行業務取扱管理者 : 木舟周作
バナーをクリックし、投稿フォームよりご連絡下さい。
旅行お見積り
※お問い合わせの際は、旅行先や時期などのご希望をお伝え下さい。
※たびえもんは、カフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」です。
 カフェにご来店いただいての旅行のご相談も大歓迎です。(地図はこちら
 時間帯によって混雑している場合、担当者が不在の場合もございますので、事前のご連絡をおすすめいたします。
※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取扱う取引に関する責任者です。
 ご不明な点があれば、遠慮なく取扱管理者にお尋ね下さい。
たびえもんロゴ
株式会社たびえもん
〒176-0011 東京都練馬区豊玉上2-24-10
電話&FAX 03-6914-8575
東京都登録旅行業第3-6523号、一般社団法人全国旅行業協会(ANTA)正会員
 



ページの先頭に戻る