※2020年3月7日~ ウェブサイトのリニューアル中です(3月中予定)。一部デザインが崩れている場合がありますが、ご了承ください。

アムステルダム~ブリュッセル~ルクセンブルク周遊

ベネルクス、花と名画を訪ねて

 

おすすめポイント ヨーロッパの真ん中で中世を満喫!

画像

オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、この3国を総称してベネルクスと呼びます。

オランダは国土の4分の1が海抜0m以下という環境を利用し、河川輸送で経済を発展させてきました。
またベルギーはゲルマンとラテンというヨーロッパの2大民族が融合した国。古くから外国人を受け入れ、複数の言語を併用し、ヨーロッパの要として歴史を重ねてきた地域です。現在もEU本部や欧州裁判所といったヨーロッパの中央機関はここベネルクスに集中しており、まさに「ヨーロッパの心臓部」と言えます。

芸術分野でも、レンブラント、フェルメール、ゴッホなどヨーロッパを代表する画家の名作が集まり、まとめて鑑賞できるのも旅の楽しみのひとつです。日本でも人気のミッフィーやタンタンなどのキャラクターもここベネルクス生まれなんですよ。

重厚さと可愛らしさを併せ持った街並みを歩き、中世ヨーロッパの面影をたどる旅はいかがでしょうか。街と街の距離が近いので、短期間の旅行でもいくつかの街を周遊できますよ!

写真

【ザーンセ・スカンス/風車の並ぶのどかな景色】

写真

【ベルギー/トッピング選びが楽しいワッフル】

ご日程案

都市名 交通 時間 行程/内容
日本
 
飛行機
 
東京/大阪/名古屋など⇒(直行/経由)⇒アムステルダム

アムステルダム泊
アムステルダム
 
 
 
 
終日

 

アムステルダム滞在
★運河が網の目に広がる市街地を自転車ですいすい♪

アムステルダム泊
アムステルダム
 
 
 
 

 

★風車の回るザーンセ・スカンス、斬新なデザインの建物が
 並ぶ近代的なロッテルダムなど、他の街を訪問しても◎

アムステルダム泊
アムステルダム
ブリュッセル
 
列車
 
 
 
 
アムステルダム⇒ブリュッセル
★なにはともあれ、小便小僧に会いに行こう

ブリュッセル泊
ブリュッセル

 

 
 
 
 
ブリュッセル⇒ブリュージュ
★中世の面影をのこすブリュージュやゲント、
 第二の都市アントワープなどへ日帰りプチトリップ

ブリュッセル泊
ブリュッセル
ルクセンブルク
 
列車
 
 

 

ブリュッセル⇒ルクセンブルク

ルクセンブルク泊
ルクセンブルク

 

終日
 
 
ルクセンブルク滞在
★高低差のある市街地をのんびり散歩

ルクセンブルク泊
ルクセンブルク
 
飛行機
 
  ルクセンブルク⇒(経由)⇒

機中泊
日本
 
 
 
⇒東京/大阪/名古屋など
 ご自宅まで気をつけてお帰り下さい

旅行代金について

当プランの旅行代金は、2名様参加として、
1名様あたり およそ30万円~50万円 (空港税、燃油サーチャージ別)です。

ご旅行の時期、日数、訪問箇所、ホテルや観光のご選択によって、金額は大きく変わってまいります。
無料でお見積りをお受けしていますので、遠慮なくお問い合わせ下さい。 ⇒ お問い合わせはこちら


見どころ紹介

アムステルダム

画像

中央駅から扇形のように運河が広がる水の都。地下鉄やトラムも便利ですが、運河を進む水上ボートを使ってみたり、ヨーロッパ1多い(?)自転車をレンタルして巡ってみては? アンネフランクの家もアムステルダムにあります。

ブリュッセル

グランプラスを中心に、見どころはまとまっています。お約束の小便小僧を見学したら、焼きたてのワッフルを食べながらヨーロッパ最古のアーケードの一つ、ギャルリー・サン・チュベールをそぞろ歩き。山盛りのチョコレートが誘惑するお菓子屋さんを冷やかしながら、そのままマンガ博物館へGO!

写真

【ブリュッセル/夜のライトアップは必見!】

写真

【ルクセンブルク/高低差のある立体的な市街】

ブリュージュ

12~13世紀には中世ヨーロッパ随一の貿易港として名をはせたものの、川底に泥が溜まって入船できなくなり、さびれていった街。今は往時の街並みがそっくり遺った世界遺産の街としてにぎわいを取り戻しています。街区は小さいので、ブリュッセルから半日のプチトリップがおすすめ。

ルクセンブルク

蛇行する川に沿って広がるルクセンブルクの街。高低差が大きく、市街は川沿いの低地と高地の2層に分かれて広がり、立体的な景観を作り出しています。街区は小さいので、のんびり歩いての散策がおすすめ。歩き疲れたらカフェで一休みしましょう。

アレンジプラン

国旗国旗国旗

キューケンホフ公園…3~5月にかけて、世界中から観光客が集まるフラワーパーク。オランダの園芸農家が丹精込めて育てたチューリップが絨毯のように広がり、春の訪れを告げます。

ユトレヒト…ミッフィーファンならユトレヒトはぜひ訪ねたい街。ミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナさんが暮らした街は標識や信号など、至る所にミッフィーのいる可愛い街です。彼の業績を詳しく知りたい人はセントラル・ミュージアムへ。アトリエを再現した展示室は必見です。

ゲント…ブリュージュのライバルとして、中世は毛織物業で栄えた古都。川沿いに建ち並ぶギルドハウス、鐘楼や市庁舎などは見応えがあります。カリフワッとした食感のブリュッセル・ワッフル発祥の店もあり、グルメも楽しめる街です!

ルクセンブルク郊外…「森と渓谷の国」と呼ばれるルクセンブルクには素晴らしい景観の小さな町や村が多く、レンタカーを借りてのドライブが楽しい国です。ヴィアンデン城、クレルボー城など古城を巡る旅も素敵です。

旅行代金について

当プランの旅行代金は、2名様参加として、
1名様あたり およそ30万円~50万円 (空港税、燃油サーチャージ別)です。

ご旅行の時期、日数、訪問箇所、ホテルや観光のご選択によって、金額は大きく変わってまいります。
無料でお見積りをお受けしていますので、遠慮なくお問い合わせ下さい。 ⇒ お問い合わせはこちら


こちらのプランもご覧下さい♪

列車に乗って、国境を越えて、ヨーロッパの旅は自由自在。世界遺産の観光も、スポーツ観戦も、たびえもんなら思いのまま。モデルプランも多数ご用意していますので、あわせてご参照下さい!

ヨーロッパ古都&古城巡り

古都プラハやノイシュバンシュタイン城など、ヨーロッパ中央部の見どころを自由気ままに巡る

北欧雑貨巡り&フィヨルド観光

北欧3ヶ国周遊♪ 雑貨にロハスにフィヨルドクルーズ、のんびり癒され旅に出かけてみませんか?

アルプス&登山鉄道の旅

ヨーロッパの街並みと、美しい自然を満喫するプラン。特急列車で国境を越えてゆきます!

歴史と芸術の旅~中欧3か国

中央ヨーロッパの周遊は、リピーターさんに大人気。中世の雰囲気たっぷりの街並みを気ままに歩いて。

⇒ ほかにも 多くのヨーロッパ周遊プラン があります。

 

たびえもんスタッフのひと言

旅行経験豊富な私が、みなさまの旅をサポートいたします! お気軽にご相談下さい。

後藤 雅代(ごっちん)

画像

3カ国周遊と言いますと大変なようですが、小さな国々ですので移動にさほど時間がかからず、国境で止められる事もない、気楽な旅です。白人同士が「フランス語は話せますか?」と確認してから会話を始めたり、レストランのメニューが4カ国語(独・仏・蘭・英)表記だったり、見た目は同じ白人でもそれぞれ違うんだよな…と、ヨーロッパの中の多様性を感じました。

木舟周作(ふねしゅー)

画像

日本とは江戸時代以来の長い交流の歴史があるオランダ、小国ながらEUの本部が置かれているベルギー。そして金融都市のイメージとは裏腹に谷あいの風光明媚な街であるルクセンブルク。小さくともピリッと個性の効いた3か国。街並みは古く美しい景観を残しながらも、開放的で外国人にも優しい雰囲気がありますので、きっと電車に乗って次の都市を訪ねるのが楽しくなりますよ。




お問い合わせ/ご相談はこちら

画像

モデルプランを参考に、旅行のお見積(無料)をお受けしています。

出発日、周遊ルート、ホテルや観光のご選択によって、ご旅行代金は変わってまいります。
訪問都市の追加や、日数の増減など、アレンジも自由にできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

電話で相談 メールで相談
03-6914-8575
営業時間:月~土曜日(10:00~17:30)
休日:日曜・祝日
総合旅行業務取扱管理者 : 木舟周作
バナーをクリックし、投稿フォームよりご連絡下さい
旅行お見積り
※お問い合わせの際は、旅行先や時期などのご希望をお伝え下さい。
トラベルサロン/オフィス(東京都練馬区)にご来店いただいての旅行のご相談もお受けしています。
 担当者が不在の場合もございますので、事前のご連絡をお願いいたします。
※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取扱う取引に関する責任者です。
 ご不明な点があれば、遠慮なく取扱管理者にお尋ね下さい。
たびえもんロゴ
株式会社たびえもん
電話&FAX 03-6914-8575
東京都登録旅行業第3-6523号、一般社団法人全国旅行業協会(ANTA)正会員
 



本バナー