たびえもんは旅のチカラでみんなの夢をかなえる会社です。創業理念は「旅育」、未来を担う若い世代の旅を応援します。

語学研修/ホームステイ 参加条件書

参加条件書

1.プログラムの主旨

語学研修プログラム、教師宅ホームステイ(ホームティーチャーズ)およびホームステイプログラム(以下「プログラム」といいます)は、このお申し込み条件書に基づいて、株式会社たびえもん(以下「たびえもん」といいます)が、お客様の希望する受入機関に対する入学申し込み手続きの代行、出発にあたっての条件提供などを行うものであり、お客様の希望する受入機関への合格、受入機関での課程終了・資格取得などを保証するものではありません。
受入期間でのプログラム内容は、各教育機関が独自に企画・運営し提供するものであり、当社が自らプログラムに関するサービスの提供を行うものではありません。
このプログラムに含まれる当社のサービスは次の通りです。

●入学お申し込み手続き代行:入学願書の取り寄せ、入学願書の作成、入学希望校への書類送付および研修費用の送金、入学許可書(またはそれに代わるもの)の取り寄せ代行を行います。

●滞在手続きの代行:研修期間に合わせたホームステイ・寮滞在等の申し込み手続き代行を致します。但し、受入先の学校が宿泊施設を持たない場合は、当社の独自宿泊手配が可能です。ただし、宿泊先満室などの理由により申し込み手続きができない場合には、お客様自身でご手配をお願いいたします。

●渡航手続きのご案内:旅券・査証等の申請方法をご案内致します。旅券の取得はお客様ご自身で行っていただきます。査証の取得も原則としてお客様ご自身に行っていただきますが当社に申請の代行をご依頼される場合は、所定の料金を申し受け、別途契約として代行を承ります。

その他、本条件書に記載の無い事項については、同配信の手配旅行条件書(URLをご案内メールに表示)によります。

2.お申し込み条件

●留学を渡航の目的とし、当社の留学プログラムお申し込み条件を十分に理解し、受入れ国の法令および受入れ校の規則を遵守できる、心身共に健康な方。

●18歳未満の方は、保護者の同意書が必要です。
●慢性疾患をお持ちの方、妊産婦の方および現在健康を損なうか、身体の不自由な方で、特別な配慮を必要とする方はその旨をお申し込み時にお申し出下さい。可能かつ合理的な範囲内でこれに応じます。
尚、この場合、医師の診断書をご提出いただく場合があります。状況に応じて、介護者や同伴者の同行をご提案させていただくか、場合によってはお断りする事があります。

●次に定める事由のいずれかに該当する場合には、お申し込みをお断りさせていただく場合があります。

〇お申し込み者が未成年の方で、留学について親権者の同意がない場合。
〇お客様が希望する受入れ機関への申し込み手続き期限あるいは留学時期迄に留学手続きが完了できる見通しがない場合。
〇お客様が受け入れ国の法令・公序良俗に反する行為をする恐れがあるまたは受入校のプログラムの円滑な実施に支障をきたす恐れがある、と当社が判断した場合。
〇お客様の希望するコースが定員に達していて留学希望校から入学が許可されなかった場合。
〇その他、当社の業務上の都合がある場合。

3.お申し込みと契約の成立時期

●所定の「申込書」に必要事項をご記入いただき、当社へ直接ご持参いただくか、メール、もしくは郵送の上、次に定めるお申込金を添えてお申込いただきます。
お申込金はプログラム代金又は取消料若しくは違約金のそれぞれ一部として取り扱います。
その双方の確認を持ちまして正式のお申し込みとして登録し、諸手続きを開始致します。

区分 申込金
参加費用が150万円以上 200,000円以上
参加費用が100万円以上150万円未満 150,000円以上
参加費用が50万円以上100万円未満 100,000円以上
参加費用が15万円以上50万円未満 80,000円以上
参加費用が15万円未満 50,000円以上

●プログラム開始日の2週間前を過ぎてからのお申し込みの場合は、プログラム費用およびそれに係る宿泊費用全額と緊急手配料として10,500円(消費税込み)が別途必要となります。
(但し学生ビザ取得コースにつきましてはプログラム開始日の60日前を過ぎてからのお申し込みから必要となります。)

4.プログラム費用のお支払い

●お申込金を除いたプログラム費用残額は2ヵ月前までにお支払い下さい。
●学校、教育機関が予告なしに料金の改正を実施した場合、差額請求を申し受ける事があります。
●プログラム費用は、昨今の為替レート変動を考慮し、お客様に不利とならないよう、当社より現地へ送金手続きを行う約1ヵ月前に確定させていただきます。
●確定したプログラム費用が、総額お支払い時と差額が生じた場合には、差額のご返金あるいは増額を申し受けます。
●為替レートは当社、社内規定によります。

5.研修費用に含まれるもの

力ウンセラーによるアドバイス・入学・宿泊手続きの代行・入学金・授業料、滞在先手配料、滞在費用・食費(コース内容による)・現地受入機関によってはコース料金表以外のテキスト代、プレイスメントテスト費用、スチューデントサービス費用、寮などのデポジット・リネン代、学校関係施設使用料などの費用がご出発前あるいは現地で必要となる場合があります。その場合は事前にご案内いたします、ご了承のうえお申込ください。

6. 研修費用に含まれていないもの

◆航空運賃、現地での交通費、税金関連(燃油税、空港税など)
◆パスポート、ビザなど渡航手続き諸費用
◆海外旅行傷害保険料(海外の医療費は高額です、必ずご加入下さい)
◆コース費用に明示されているもの以外の食事代
◆個人的諸費用(クリーニング、電話代、現地でのアクティビティー費用など)

7.お申し込み内容の変更および解除

お客様は次の取消料をお支払いいただくことにより、お申し込み内容の全部又は一部を変更および解除することが出来ます。
お申し込み内容の取消しのお申し出は必ず書面またはメールにて当社までお知らせ下さい。
当社が上記書面を 営業時間内に受理した時点で正式の取消しとして取り扱います。

変更料および取消料規定 取消料
先生宅ホームステイを除く
取消料
先生宅ホームステイ
プログラム開始時の前日から起算して31日前まで 20% 20%
同30日前以降15日前まで 20% 60%
同14日前以降7日前まで 50% 60%
同6日前以降当日まで 75% 100%
当日以降、および無連絡不参加 100% 100%

◆ご注意事項(重要)
◇表中の割合(%)はプログラム費用全体に対する割合となります。
◇3ケ月以上のプログラムまたは留学ビサを必要とするプログラムは、語学学校より入学許可証を取り寄せる必要があります。
入学許可証の取り寄せは、語学学校規定の入学金・授業料の支払い完了後となるため、お申込後お客様のご都合で取消しをされた場合でも、語学学校の規定取消料、並びに取消手続きにかかる費用が必要になります。
これらの費用がお申込日から旅行開始日の前日から起算して31日以前に取消しをされた場合、申込金に充当されますが、学校規定取消料が上回る場合、追加取消料を申し受ける場合があります。
◇営業時間とは平日・土曜10:00~17:30となります。
◇プログラム開始後のお客様のご都合による期間短縮や取消しは権利放棄とみなし、払戻しは一切致しません。但し、診断書を提出できる病気や保護者の死亡等、正当かつ明確な理由があり、その書類を提出できる上、受入機関から正式な返金同意の書面がある場合に限り、当社は返金交渉を有料で引受ます。
ご返金が可能となった場合、ご返金に伴う手数料(振込手数料や送金手数料等)及び為替差額はお客様のご負担となります。
◇お客様が第4項に規定する期日までに研修費用を支払われない場合、当社はお申込みを解除する場合があります。この場合は上記の取消料をお支払いいただきます。
◇お客様のご都合によりプログラムを途中で同一学校の異なるコースへ変更される場合、必ず現地にて当該機関の同意を得た上で、お客様ご自身で手続きを行って下さい。
追加費用等が発生する場合、すべてお客様のご負担となります。また途中で異なる学校へ変更された場合、権利放棄と見なし、払戻しは一切致しません。
◇プログラムの延長や変更(コースや滞在方法等)をご希望される場合、当社は可能な限りお客様の希望に応じます。この場合は当社はプ口グラム費用を変更する場合があります。

8. 渡航手続き

◆旅券の取得はお客様ご自身にて行っていただきます。
◆航空券の手配は原則としてお申し込み窓口で行ってください。
◆留学に要する査証(ビザ)・予防接種証明書・健康診断書等の手続きも原則としてお客様ご自身に行っていただきます。すでにお持ちの方も有効期限などにご注意下さい。

9.免責事項

当社は次のような場合には責任を負いません。
◆お申し込みいただいた学校・コースなどが定員に達していて入学できない場合。
◆お申し込みいただいた宿泊施設が定員に達していて滞在できない場合。
◆通信事情または受入機関の事情により、入学許可証等の入学関係書類が期日までに届かず、出発できなかった場合。
◆お客様の個人的な事由、または各都道府県旅券申請窓口・各国大使館・領事館側の事情により、旅券、査証が出発迄に取得できなかった場合。
◆お客様の個人的な事由により、旅券・査証の発給を拒否された場合もしくは渡航先での入国を拒否された場合。
◆天災地変、戦乱、暴動、運送、宿泊施設の事故、日本または海外の官公署の命令・出入国規制、伝染病による隔離、自由行動中の事故、食中毒、盗難、運送機関の遅延・不通・スケジュール変更、陸海空における不慮の事故、その他、不可抗力の事由により生じた損害。
◆渡航後はお客様個人の責任において行動していただき、当社は研修中いかなる事故やトラブルに対して一切責任を負いません。
お客様の故意・過失・受入国の法令・公序良俗もしくは受入機関・滞在先の規則等に違反した行為により生じた責任・損害等はすべてお客様個人の負担となります。またそれらの行為により当社が損害を受けた場合は、当社はお客様からの損害賠償を申し受けます。
◆当社は各受入機関から当社に送られてきた最新情報に基づき留学プログラムのご紹介・手続きを致しますが、各受入機関の事情により、受入条件・研修内容・滞在先・費用・その他留学プログラムに関して、予告なしに変更される場合や実施されなくなる場合があります。
その際、当社は変更に関する情報を当社が入手次第、お客様にご連絡致しますが、留学プログラムに関する変更や中止については責任を負いません。

10.注意事項

◆受入機関からの要請により、必ず日本ご出発前、海外旅行保険に加入して頂きます。
◆プログラム費用を銀行振込にてお支払いの場合には、金融機関の発行する振込金の受領書を持って領収書に代えさせていただきます。
◆授業料・滞在費等の研修費用の一部を受け入れ機関の都合により現地でお支払いいただく場合には、送金小切手もしくはトラベラーズチェックをご用意下さい。クレジットカードでのお支払いは、受け入れ機関によっては受け付けない場合があります。
◆プログラムにより特別な書類(健康診断書、レントゲン診断書、予防接種証明書等)を必要とする場合があります。
◆プログラムにより、入校日が授業開始日より数日早く設定される場合があります。各コースの入学日、プレイスメントテスト日、滞在先へのチェックイン日、授業開始日等に合わせて、ご出発を調整させていただく場合があります。
◆ホームステイ及び寮は一般的に授業開始日の前日または前々日より滞在できます。それより早くご出発になる場合、滞在先の都合で授業開始日まで受け入れできない場合は、それまで近くのホテル等に滞在していただく事になります。この期間の宿泊費・食事代等はお客様の負担になります。
◆一般的に、大学寮、民間寮、ゲストハウス・スチューデントホステル等の住所、部屋番号、電話番号は現地でのチェックイン以前には決定しません。
これらの滞在先の詳細は現地到着後、チェックインの際に受入機関より通知されます。(ただしご出発前に詳細が判明される場合は、事前にお知らせ致します)
◆受入家庭、宿泊施設側の都合により、一度決定された滞在先が現地到着前、もしくは現地到着後に変更になる場合があります。
◆寮では通常リネン類(枕、毛布、シーツ等)は用意されていない場合もあります。各自でご用意下さい。
◆各国及び州の祝祭日は休校となります。
◆各受入国の祝祭日・各受入機関の定める休校日及び学期間の休暇期間には、寮のダイニングホール・カフェテリアが閉鎖となる場合があります。また寮の開館と同時にミールサービスが始まらない場合があります。
これらの場合、食事はお客様ご自身でご用意いただき、食事代はお客様の負担となり、これに伴う費用の払い戻しはありません。
◆滞在先でのベッドメーキング・自分の部屋の整理整頓・掃除・洗濯等は、お客様自身で責任を持って行うようにして下さい。
◆外国では「NO SMOKING」の習慣が普及しており、受入機関及び宿泊施設の建物内では禁煙となっているところも多くあります。またホストファミリーの中にも非喫煙家庭のため屋内では禁煙となっている場合があります。喫煙者の方はいずれの場合も喫煙場所を確認し、許可を得てから喫煙するようにして下さい。
◆一度決定された受け入れ家庭について、人種・宗教・職業・家族構成等を理由に変更や取消しは出来ません。
◆宿泊施設の規則や受け入れ家庭のルールに反する行為をしたために宿泊施設や受け入れ家庭での滞在を拒否された場合、残存期間の滞在費の払い戻しは出来ません。またその後の宿泊の手配はお客様自身で行っていただきます。
◆夏季・春季など在校生の多い時期には通常時期と異なる校舎(場所)でプログラムが行われる場合があります。また、国際クラスがクラス分けの結果、事実上日本人のみのクラスになる場合があります。
◆授業には必ず出席して下さい。プログラム中各受入機関が定める学則を遵守していただきます。
無断であるいは正当な理由なく授業を欠席したり、著しく学則に反する行為及び反社会的な行為があった場合には、授業料・滞在費等の費用を返金することなく、退学となります。その際、ご帰国のための航空運賃等、新たに生じる一切の費用はお客様の負担となります。
◆留学中、やむを得ぬ事由により帰国する必要が生じた場合には必ず受入機関・滞在先及び当社にその旨を連絡してから帰国するようにして下さい。又、就学期間中に休暇を取得される際には、各語学学校の規定に従い休暇を申請・取得願います。
◆休暇中またはプログラム終了後に自由旅行をされる場合には、旅行先・旅行日程・旅行中の連絡先を予め日本のご家庭及び受入機関に連絡しておくようにして下さい。また休暇中でも緊急連絡先は必ず残して下さい。当社はお客様とお留守家庭との仲介は原則いたしません。
◆休暇中の一切の費用はお客様のご負担となります。
◆学生査証による就労(アルバイトを含む)は出来ません。(ただし学生査証に労働許可証が付加された場合のみ、週20時間のアルバイトが可能です)
◆国または州により25歳未満の方のレンタカー運転は禁止されている地域があります。
◆貴重品についてはお客様ご自身で責任を持って管理するように心がけて下さい。大切なものは必ずスーツケースに入れ、鍵を掛けてしまっておくようにして下さい。

11.その他

◆当力タ口グ記載事項は2018年4月1日現在有効な資料に基づいております。各受入機関の都合により、留学ブログラムの内容・費用等は予告なく変更される場合があります。
◆航空券予約及びプログラム期間以外の宿泊等の旅行手配についてのお申し込み条件は、お申し込みいただいた当該旅行業者の手配旅行約款によります。
◆このお申し込み条件は2018年4月1日以降にお申し込みされるお客様に適用されます。

12.契約書面のお渡し

当社は、契約終了後、お客様に研修日程、学校の内容その他の条件及び当社の責任に関する事項を記載した契約書面(最終日程表)をお渡しします。但し、当社が手配する受入機関の発行する書面を持ってそれに代えさせていただく場合もあります。

13. 当社の責任

当社の責任の範囲は、第1項に記載した受入機関への斡旋行為に限定されます。

14.個人情報保護

当社では資料請求、お問い合わせ、語学プログラムお申し込みの場合のみ、当事者の個人的情報を記録します。
この情報は基本的に当社内のデータとして保管され、第三者に洩れることはありません。各個人情報は、以下の手配を進めるにあたって第三者に通知されます。
◇各研修機関への手続き
◇宿泊先の手配(ホームステイ、寮、ホテルなど)
◇法令上必要な機関への報告(移民局など)
お問い合わせ、お申し込みに必要な手配終了後も、当社から情報を提供させていただくことがございます。これらの情報が不要である場合は当社までその旨をご連絡ください。

語学プログラム、ホームステイプログラムのご案内

限られた期間でより大きな成果と安全で快適な研修生活を送るために、プログラム内容を充分に理解するとともに、下記ご案内事項をご熟読いただきご理解いただくようお願いいたします。

A.プログラムの趣旨

日本の社会や家庭に独自の習慣や考え方があるように、相手の国にもその風土に根ざした価値観があります。
自分の物差しでそれらを判断するのではなく、相手国の生活や習慣を尊重し、身近に体験することで相互理解を深め、また、スクールスタッフ、ホストファミリー及び同じ目的で学びに来ている他の国の人たちとの交流を深めていただくことが目的です。
従って当社のプログラムは お客様としてもてなされるためではなく、学ぶ方のために作られています。国際人としてのマナーを持ち、節度ある行動をもって生活をされるようお願いいたします。

B.ホストファミリーについて

◎ホストファミリーの決定
ホストファミリーは出発の7~5日くらい前までにはご連絡いたします。
但し、参加者側のさまざまな条件(アレルギーや喫煙の有無など)や、現地の事情により決定が遅れたり、一度通知されたホストファミリーが変更になる場合もあります。また、受入家庭の都合で2軒以上のホストファミリー宅に滞在する場合もあります。
いずれの場合も、それぞれのホストファミリーがプログラムの趣旨を理解・賛同して皆さんを迎えてくれることに変わりはありません。

◎ホストファミリー宅の通知内容
現地よりホストファミリーの決定の通知が届き次第、ホストファミリーの氏名、住所、電話番号等を記載したホストファミリー詳細書面を参加者のご自宅宛にお送りいたします。ホストファミリーのプライバシー尊重のため、お知らせできる情報が限られる場合もありますので予めご了承ください。

◎ホストファミリー
受入家庭にはいろいろなタイプの家庭があります。家族構成や人種、宗教、職業等の希望を出すことはできませんし、各受入機関によって決定された受入家庭を変更・取消すこともできません。

◎ホストファミリーの変更(参加者よりの希望)
参加者の一方的な希望によるホストファミリーの変更はお受けできません。現地到着後、参加者の一方的な希望によりホストファミリーを変更された場合、現地受け入れ機関から参加者へ直接、若しくは弊社から日本のご家族に対して追加請求をさせて頂くことになります。

◎ホストファミリーの変更(現地の事情)
現地の家庭が参加者の受け入れを一度決心した後でも、家庭内の不慮の出来事や家族の病気、または天災などやむを得ない事情により急に受け入れが不可能になったり、滞在をお断りすることがあります。この場合には受入家庭を変更したり、やむを得ずホテルや学生寮に滞在する場合があります。

◎ドミトリー・レジデンス・寮について
入退寮時間や食事時間、喫煙・飲酒などについて規則があります。入校時によく説明を聞いて、規則は必ず守ってください。自由と責任について明確な考え方を持つ外国では規則に違反した場合、退寮処分など厳格な対応がなされることがあります。この場合の滞在費・授業料などの費用の返金は一切ありません。

◎現地受入機関による契約解除
参加者が著しくプログラムの趣旨に反し、プログラムの円滑な運営を妨げると判断される場合は受入機関または受入家庭が滞在をお断りすることがあります。また、語学学校等の規律を守らない場合や無断欠席をした場合も同様に、以後の授業への出席をお断りすることがあります。
いずれの場合も滞在費、授業料 などの払い戻しはいたしません。また、ホームステイに変えてホテル滞在になった場合のホテル代等の追加費用は参加者の負担となります。




お問い合わせ/ご相談はこちら

画像

モデルプランを参考に、旅行のお見積(無料)をお受けしています。

出発日、周遊ルート、ホテルや観光のご選択によって、ご旅行代金は変わってまいります。
訪問都市の追加や、日数の増減など、アレンジも自由にできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

電話で相談 メールで相談
03-6914-8575
営業時間:月~土曜日(10:00~17:30)
休日:日曜・祝日
総合旅行業務取扱管理者 : 木舟周作
バナーをクリックし、投稿フォームよりご連絡下さい
旅行お見積り
※お問い合わせの際は、旅行先や時期などのご希望をお伝え下さい。
オフィス(東京都練馬区)にご来店いただいての旅行のご相談もお受けしています。
 担当者が不在の場合もございますので、事前のご連絡をお願いいたします。
※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取扱う取引に関する責任者です。
 ご不明な点があれば、遠慮なく取扱管理者にお尋ね下さい。
たびえもんロゴ
株式会社たびえもん
電話&FAX 03-6914-8575
東京都登録旅行業第3-6523号、一般社団法人全国旅行業協会(ANTA)正会員
 

LINE はじめました
友だち追加でクーポンGET!



PAGETOP
    Copyright © 株式会社たびえもん All Rights Reserved.