ホーム子連れ旅行の作り方 > パスポートについて

第1回 パスポートについて(赤ちゃんだってパスポートが欲しい)

ウェブサイトをリニューアルしました。自動的に新しいページにジャンプいたします。
切り替わらない場合は、お手数ですがこちらをクリックして新しいページにお進み下さい。

まずは準備編その1。海外に出かけるにおいて、最初に絶対必要なもの。 パスポートの取得について説明いたします。

赤ちゃんもパスポートは必要

以前は12歳未満であれば、親のパスポートへの併記が認められていましたが、 現在はできません。たとえ0歳児であっても、自分専用のパスポートを取得することが必須となっています。

未就学児の子供は、親が代理署名できる

写真

パスポートの申請書には、当たり前だが署名欄があります。ここに署名した文字が、 そのまま実際のパスポートに転写されることになります。

まだ字が書けない幼児の場合はどうすればよいかといえば、 法定代理人(親権者ないし後見人)が代筆することになります。

まず子供本人の名前を書き、その下に、たとえば「旅育太郎(父)代筆」と書き添えればよいのです。 代筆者の氏名はもちろん、申請者との関係が必要です。

乳幼児の写真は、寝かせて撮るか、親が抱いて撮る

写真は、45ミリ×35ミリという大きさのほか、正面を向いていることや、 余白の大きさなどが規定されています。とはいえ乳幼児については、そこまで厳密ではありません。 きちんと正面を向いていなかったり、背景に親の服や腕が写ってしまうことがあっても、 本人確認ができれば問題はないとされています。

本人確認書類は、親が申請するなら不要

本人確認書類は、一般的には運転免許あるいは古いパスポートですが、子供はこれを持ちません。 そこで一番簡単なのは、健康保険証と母子手帳(就学していれば学生証や生徒手帳)という組み合わせです。

もっとも、中学生以下で法定代理人が申請する場合は、法定代理人の確認書類をもって代えることができます。 つまり、早い話が、親が申請する場合は子供の身分証は実質不要ということです。

これ以外に戸籍謄本または抄本、住民票(不要の場合あり)が必要です。 必要書類や手続きの詳細については、各旅券申請窓口にてご確認下さい。

申請は代理でもよいが、受領は本人でないとダメ

申請場所は、親元を離れている学生、単身赴任者などの例外を除き、 住民登録をしている都道府県が窓口となります。最近は地方分権の一環で、 申請が市町村に移管されているところも増えてきています。

忘れてはならないのは、申請は代理でも可能ですが、 受領は絶対に本人でないといけないという点です。 申請はお父さんやお母さんが1人で行ってもいいですが、 受領は本人を連れて行かないと、いくら親子で顔が似ていてももらえません!

12歳未満なら手数料が安い!

最後に発給にかかるお金の話です。パスポートは5年有効のものと、10年有効のものとありますが、 未成年者が取得できるのは5年旅券のみです。12歳以上か12歳未満かで、手数料が異なります。

種別
(年齢条件)
10年有効
(20歳以上)
5年有効
(12歳以上)
5年有効
(12歳未満)
金額 16000円 11000円 6000円

なお、12歳未満で申請するためには、12歳の誕生日の前日ではなく、前々日までに申請することが必要です。 誕生日の前日に1歳加算されるという法律のためで、 学年で1番若いのが3月31日生まれではなく、4月1日生まれであるということと同じ理屈だそうです。

旅好きファミリー必携! 子連れ海外旅行のすべてが1冊の本になりました(^^)/

たびえもんは「旅育」をテーマに、子供や若い世代の旅を応援しています。 このたび、たびえもんが積み重ねてきた子連れ海外旅行のノウハウや、旅することの楽しさが、1冊の本として出版されました。

本バナー

お問い合わせ/ご相談はこちら

画像

たびえもんでは、子連れ旅行を応援する旅行会社です。
子連れ海外旅行のご相談/お見積(無料)をお受けしています。旅育プランの一例をご案内!

  • 「エネルギッシュなアジアの街を子供に体験させたい!」
  • 「広大なアメリカ大陸の大自然を子供と巡りたい! 観光もしたい!」
  • 「サッカーが好きな子供を連れて、本場ヨーロッパのサッカー観戦に行きたい!」

そのほか、パパやママがかつて住んでいた思い出の国(都市)を、子供に見せてあげたい!  などなど、子供と一緒にアクティブに海外体験したい! というお問い合わせ大歓迎です。

出発日、周遊ルート、ホテルや観光のご選択によって、ご旅行代金は変わってまいります。
訪問都市の追加や、日数の増減など、アレンジも自由にできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

電話で相談 メールで相談
03-6914-8575
営業時間:月~土曜日(11:00〜18:00)
休日:日曜・祝日
総合旅行業務取扱管理者 : 木舟周作
バナーをクリックし、投稿フォームよりご連絡下さい。
旅行お見積り
※お問い合わせの際は、旅行先や時期などのご希望をお伝え下さい。
※たびえもんは、カフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」です。
 カフェにご来店いただいての旅行のご相談も大歓迎です。(地図はこちら
 時間帯によって混雑している場合、担当者が不在の場合もございますので、事前のご連絡をおすすめいたします。
※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取扱う取引に関する責任者です。
 ご不明な点があれば、遠慮なく取扱管理者にお尋ね下さい。
たびえもんロゴ
株式会社たびえもん
〒176-0011 東京都練馬区豊玉上2-24-10
電話&FAX 03-6914-8575
東京都登録旅行業第3-6523号、一般社団法人全国旅行業協会(ANTA)正会員
 
戻る
メニュー
次へ



ページの先頭に戻る