ホーム子連れ旅行のすすめ > 旅育4か条

旅育4か条

ウェブサイトをリニューアルしました。自動的に新しいページにジャンプいたします。
切り替わらない場合は、お手数ですがこちらをクリックして新しいページにお進み下さい。

たびえもんでは、旅育を広めるための4か条を作りました。子供や若者たちが、旅行を通じて様々なことを学び、成長する。そんな旅育の大切さを七五調に込めました。

た.楽しんで、さらに強まる家族の絆

び.びっくりして、大きく育つ好奇心

い.行って、見て、初めて分かることがある

く.国を越え、広がる交流、若者たち


た.楽しんで、さらに強まる家族の絆

子供の成長は旅育の大きなねらいです。だけど、効果はそれだけではありません。 仕事や家事から解放され、日常生活から離れ、お父さんやお母さんものびのび楽しめる旅行。 夫婦の会話も弾むはず。夫婦の仲を保つ上でも家族旅行は有効、家庭円満の秘訣です。改めて言うまでもなく、両親の仲が良いほうが子供にとっても嬉しいですよね。

び.びっくりして、大きく育つ好奇心

旅行にハプニングは付き物です。新鮮な驚き、予期せぬ出来事、そんなびっくりを経験して、 私たちの好奇心や感受性は大きく刺激を受けます。「面白かったねぇ」「楽しかったなぁ」「すごかったよ!」などなど。 子供たちが本気で笑ったり、驚いたりした表情の変化こそ、何を学んだかの証ではないでしょうか。

い.行って、見て、初めて分かることがある

先入観が覆ること。これは子供のみならず大人にとっても、旅行の大きな醍醐味です。 学校で学んだことや、テレビや雑誌で知ったことと、現実の世界がどう違うのか、●●だと思っていたけど、実際に訪れてみたら△△だった!  今まで信じていた常識が崩れていく、そんな経験の1つ1つが旅育です。

く.国を越え、広がる交流、若者たち

21世紀は旅行の世紀。人類史上例がないほどに、ヒト、モノ、カネが、世界中を行き来する時代になるといわれています。ますます進展する国際社会の主役は、もちろん 若い世代です。国境を越えて、文化や生活習慣の異なる多くの友人たちと交流を深めること。旅育の究極目標は、ズバリ国際平和にあるのです!!



ページの先頭に戻る