イスタンブールで旅育~子連れトルコ旅行おすすめ情報

基本情報

国旗

アジアとヨーロッパにまたがる文明の交差点。 東ローマ帝国やオスマントルコなど、歴代大帝国の都が置かれ、見どころが豊富です。

食事が美味しく、異国情緒にあふれ、社会的なインフラもそれなりに整っていますので、 子連れ旅行でも充分に楽しめるおすすめの国です。

人口 1137万人
時差 日本から-7時間。トルコの方が遅れています。夏時間採用時は-6時間です。
空港 アタチュルク国際空港(IST)から28km、タクシー30分、エアポートバス40分です。
市内交通 世界で2番目に古い地下鉄をはじめ、路面電車が市内中心部を走ります。 金角湾やボスポラス海峡を結ぶ連絡船も便利です。
主要観光地 アヤソフィア、ブルーモスク、トプカプ宮殿、ガラタ塔など。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
最高気温(℃) 9 9 11 17 21 26 28 29 25 20 15 11
最低気温(℃) 3 3 4 8 12 16 19 19 16 12 9 5
降水量(mm)
87

71

63

45

33

25

24

24

44

71

85

107
服装の目安 C/D C/D C/D B/C B/C A/B A/B A/B A/B B/C B/C C/D
A:夏服・半袖  B:薄手のセーター、カーディガン等
C:冬服・薄手のコート等  D:厚手のコート、手袋等の防寒具

子連れにおすすめの観光地

地下宮殿
写真

モスクや博物館といった世界遺産巡りは退屈な子供も、地下宮殿なら楽しめるかも。 4~6世紀の昔に貯水池として築かれたもので、後のビザンツ時代、オスマントルコの時代まで、 貴重な水がめとして利用されていました。

内部はコリント様式の柱で支えられ、一番奥にはメドゥーサの顔が2体、探検気分で探してみるのも 楽しい旅のひとときになるでしょう。

ガラタ塔

イスタンブールの新市街に建つ高さ67メートルの塔。 14世紀頃から監視塔として用いられていた歴史的な建造物であり、 丘の上にあるためイスタンブール市街や海の眺めが素晴らしいところです。

歴史遺産が集まる旧市街から金角湾を渡り、ガラタ塔を目指して坂道を上っていくと、 おしゃれな歩行者天国のイスティクラール通りに出ます。大人も子供も楽しめる最高の散歩道です。

夜はお子様におすすめできない商売の人が立っていたりするので、気をつけて下さい。

ボスポラス海峡クルーズ
写真

アジアとヨーロッパを隔てるボスポラス海峡の定期船クルーズは、 イスタンブール観光のハイライトです。

旧市街のエミノニュ桟橋から、ボスポラス大橋をくぐって、黒海の入口アナドル・カヴァウまで。 そこから歩いて黒海を望む砦まで登り、お弁当を食べるというのが定番のコースです。 地図を広げながら景色を眺めてみるだけで、素敵な旅育体験になるでしょう。

足を延ばすなら…

せっかくトルコまで来たのなら、イスタンブールだけではもったいない。 広大なトルコは田舎へ行くと、また雰囲気ががらりと変わっておすすめです。

カッパドキア

岩をくりぬいて造られた地下都市や奇岩の風景が大人気の観光地です。 元気な子供たちにとって、迷路のような洞窟都市は半日遊んでも飽きないかもしれません。

サフランボル

オスマン朝時代の古い街並みが人気の宿場町です。 木造の伝統家屋の見学や、古民家ホテルの宿泊も楽しめます。

パムッカレ

白い石灰棚の不思議な景観が有名な人気観光地です。 温泉保養地のため、水着着用ですが温泉を楽しむこともできます。

その他のおすすめ情報

B級グルメ

トルコと言えば世界3大料理として知られていますが、B級グルメもまた充実しています。

日本でも最近とみに人気のドネルケバブはもちろんですが、おすすめはサバサンド。 金角湾に浮かぶ小舟の上で、フランスパンにサバとタマネギを挟んだ絶妙なサンドが売られています。

伸びるアイスのドンドルマをはじめとして、お菓子の種類も豊富です。 ちょっと街歩きに疲れたら、試してみてはいかがでしょうか。

あなたの旅育体験を募集しています!

旅育ひろばは、みなさまからの投稿記事で成り立っています。 かわいい子供と一緒の家族旅行、若い頃の思い出の旅、 旅を通じて学んだことや成長したこと、などなど。あなたの旅育体験をお送り下 さい。 ⇒ 投稿ページはこちらから

あなたのご意見をお寄せ下さい

Facebookに登録している方は、下記フォームよりコメントを入力できます。 ご意見、ご感想をお気軽にお寄せ下さい!




ページの先頭に戻る