ホームモデルプラン&旅行情報 > 人類最古の地!中東3ヶ国

人類最古の地!中東3ヶ国(ベイルート~ダマスカス~パルミラ~アンマン~死海~ペトラ)

おすすめポイント

人類で最も古い歴史を持つ中東諸国、歴史が好きな人ならたまらない魅力が凝縮された中東3ヶ国の周遊プランです。 レバノン、シリア、ヨルダンの主要な見どころを、余すところなく含めました。

キナ臭いニュースも多い中東ですが、本来アラブの人々は温厚かつ陽気で、大変に旅行しやすい国々です。 近年、中東系航空会社が相次いで日本就航を果たし、アクセスが一層便利になりました。 旅行日数やご興味に合わせて多彩なルートが組めるのも、大きなおすすめポイントです。

写真

【バールベック/バッカス神殿】

写真

【ダマスカス旧市街の城壁】

ご日程案

日付 都市 交通手段 時間帯 行程
日本
 
飛行機
 
東京/大阪/名古屋など⇒
機中泊
ベイルート
 
 
 
飛行機
 
 
 
午前
午後
 
 
⇒(直行/経由)⇒ベイルート
ベイルート滞在
★戦火をくぐり抜けて復興する、中東のパリの街並みをお楽しみ下さい。
ベイルート泊
ベイルート
ダマスカス
 
 
 
 
車 
 
午前
 
午後
 
ベイルート滞在
★お時間があれば、バールベック遺跡の訪問もおすすめです。
ベイルート発、陸路国境を越えてダマスカスへ移動
ダマスカス泊
ダマスカス
パルミラ
 
 

 
 
 
午前
午後
 
 
ダマスカス発、パルミラへ移動
パルミラ滞在
★砂漠に広がるオアシス都市の魅力をご堪能下さい。
パルミラ泊
パルミラ
シュバリエ
ダマスカス
 
 

 
 
 
 
午前
 
午後
 
 
パルミラ発、クラック・デ・シュバリエへ移動
★通称「ラピュタの城」、最も美しい十字軍時代の城砦です。
観光後、ダマスカスへご案内
★聖書にも登場する世界最古の町。悠久の歴史をご体験下さい。
ダマスカス泊
ダマスカス
アンマン
死海
 
 

 
 
 
 
午前
午後
 
 
 
ダマスカス発、陸路国境を越えてアンマンへ移動
アンマンから死海へご案内
死海滞在
★何と言っても浮遊体験がおすすめ、冬でも泳げます。
死海泊
死海
ペトラ
 
 

 
 
 
午前
午後
 
 
死海発、ペトラへ移動
ペトラ滞在
★歴史遺産にあふれる中東でも、最大級の遺跡をお楽しみ下さい。
ペトラ泊
ペトラ
 
 
終日
 
 
ペトラ滞在
★1日では回り切れない巨大さ。気の向くままに探検して下さい。
ペトラ泊
ペトラ
アンマン
 

飛行機
 
午前
午後
 
ペトラ発、アンマンへ移動
アンマン⇒(経由)⇒
機中泊
10 日本
 
 
 
⇒東京/大阪/名古屋など
 ご自宅まで気をつけてお帰り下さい

見どころ紹介

ベイルート

地中海に面した港湾都市。かつて中東のパリと謳われた商業都市で、 イスラム教徒が多い西ベイルートと、キリスト教徒が多い東ベイルートに分けられています。 内戦のダメージが大きい反面、シリアやヨルダンの諸都市に比べると垢抜けた明るい雰囲気があります。

バールベック

ベカー高原に位置する美しいローマ遺跡。規模はさほど大きくなく、短時間でも見て回れますが、 遺跡のシンボル、ジュピター神殿の6本の巨大列柱は圧巻です。 ほかにお酒の神バッカスの神殿、犠牲を捧げた祭壇や水槽などの見どころが残されています。

ダマスカス

シリアの首都にして世界最古の町の1つと言われています。 最大の見どころは城壁に囲まれた旧市街、新約聖書の舞台でもあるまっすぐな道、 イスラム教第4の聖地とされるウマイヤド・モスク、十字軍の英雄サラディンの廟、 そして賑やかなスーク(市場)など、歩き回る楽しさにあふれた街です。

写真

【クラック・デ・シュバリエ】

写真

【ペトラ/エド・ディル】

パルミラ

シルクロード交易で栄えたパルミラ王国の遺跡、シリアで最も有名な砂漠のオアシス都市です。 保存状態の良いベル神殿や、ずらりと立ち並ぶ列柱の道、四面門、円形劇場など見どころも多く、 多くの墓室も残されています。遺跡全体を見おろす、高さ150メートルの岩山アラブ城からの眺めは格別です。

クラック・デ・シュバリエ

映画「天空の城ラピュタ」のモデルと噂される十字軍時代のお城です。 さほど規模が大きくはありませんが、保存状態が良く、美しい佇まいに魅了されてしまうこと請け合いです。 堅牢な外壁、見張りの塔、礼拝堂、籠城のための食料貯蔵庫など、十字軍の激しい攻防戦を彷彿としながら歩いてみて下さい。

ペトラ

ナバタイ人が残した東西交易の拠点となった都市遺跡で、1日では見て回れないほどの広大さと迫力があります。 赤色の岩をくりぬいて造られた巨大建造物が見どころで、ペトラを訪れる観光客を最初に迎える巨大な宝物殿エル・ハズネ、 岩窟墓が並ぶ王家の墓、遺跡の最奥に鎮座する修道院エド・ディルなど、全てに圧倒されます。

死海

海抜410メートル、世界で最も標高が低い場所として知られています。 生物が棲めないほど塩分濃度の濃い湖で、本当に浮きます! 浮かんだまま本を読んでの写真撮影がおすすめです。 アンマンから日帰りもできますし、リゾートホテルに宿泊し、沈む夕陽をご覧になるのも良い思い出になるでしょう。

アレンジプラン

国旗 国旗 国旗

シリア第二の都市にして世界遺産の城塞が魅力のアレッポ、4WDによる砂漠ツアーが人気のワディ・ラムなど、 ほかにも魅力的な見どころは数多くあり余す。

旅行日数が限られる方は、シリア&ヨルダンの2ヶ国に絞っての旅行もできますし、 逆に余裕がある場合は、イスラエルに足を伸ばしてみるのもおすすめです。 ただしイスラエルを含む場合は、アラブとの外交的な対立関係がありますので、ルート作りには細心の注意が必要です。詳しくはお問い合わせ下さい。



ページの先頭に戻る