持ち物が減る一方の私ですが、先日衝動買いしました。ネットで送料も確認せず秒でポチりました。

 日本の雑貨店主がウズベキスタンで買い付けた布地を台湾の工場に持ち込んで仕立てたチャイナシューズ。一般店ではまずお目にかかれないです。

 まずウズベク製生地が旧ソ連文化圏らしく、暗い色調の中に突如蛍光色が狂気のごとく混じった更紗文様。モチーフはザクロ。これがイチゴだったら原宿になるけど、ザクロにした瞬間中央アジアの風が吹く。

 そしてチャイナシューズ。ヒールは5センチあって女っぽい形なのに色気ゼロ。精一杯可愛く取り繕っているのに内面の禍々しさが隠せずにじみ出ているのが最高…!

 この靴を見つめていると、サハ共和国、カイラスの五体投地巡礼の旅、ジェンネの泥モスクにイエメンのシバームなど、まだ行っていない場所が脳裏に浮かび、いつ行くの今でしょ、とそわそわ落ち着きがなくなります。

 旅情がそそられる物に目がなくて、断捨離してその傾向がより明確になりました。おかげで買物は不買か衝動買いの二極化の一途です。(ごっちん)