年末年始は勉強を兼ね、ベルギー、ルクセンブルグ、フランスの3か国を訪れてきました。互いに列車で数時間の距離ですが、国境を越えると少しずつ雰囲気が変わって面白かったです。

 ブリュッセルやパリは過去に訪問したこともあり、今回特に楽しみにしていたのはモンサンミッシェルでした。

 今までお客様には何十回とご案内したことがある場所ですが、行くのは初めて。やはり百聞は一見にしかず、実際に足を運んでみると印象が違います。

 まず驚いたのはその大きさ。山のようにそびえている修道院の内部がとにかく広い。広間あり、中庭あり、周囲を眺望できるテラスあり。そして修道院のふもとには、まるで城下町のように宿屋や土産店が連なっています。

 寺院や教会の観光というと、つまんないとブーイングを言いがちな子供たちも、まるでドラクエなどRPGの世界観をそのまま現実にしたような景観には心奪われた様子。

 修道院の一室には真っ暗で底なしの空間もあって…とネタバレは控えておきましょう。

 1泊したのですが、夜の静寂とした雰囲気も最高でした。(ふねしゅー)