【コロナ後の海外旅行】いつから行ける? どこなら行ける?
【自宅にいながら世界旅行】夢をかなえる世界の旅@オンラインツアー

マドリッド~リスボン~コインブラ~ポルト周遊

イベリア半島を鉄道でめぐる

 

おすすめポイント どこか素朴で懐かしい、スペイン中央部とポルトガルを訪ねて

画像

地方によって特色の強いスペイン。その中でも、首都マドリッドを有する中央部とポルトガルを合わせてめぐります。

旅のはじまりはスペインの大都市マドリッドから。ピカソのゲルニカ、フラメンコなど文化芸術に触れたり、サッカー観戦に繰り出したり、スペインの情熱を肌で感じてください。

マドリッドからリスボンへの移動は、宿泊と移動を兼ねて国際夜行列車を利用するのはいかがでしょう? 列車で国境を越えていくのも旅の良い思い出です。

ポルトガルの街はどの街もちょっぴりレトロで、肩の力の抜けた雰囲気があります。気取りのないレストランでボリュームたっぷりの料理とワインを楽しみながら、各都市を気ままにめぐってください。

ご日程案

都市名 交通 時間 行程/内容
日本
マドリッド
🛫 東京/大阪/名古屋など⇒(直行/経由)⇒マドリッド

マドリッド泊
マドリッド 終日 マドリッド滞在
★王宮にプラド美術館、サッカー観戦が目当ての人は
 早めにスタジアム入りして熱気を感じよう!

マドリッド泊
マドリッド 🚄 マドリッド発、国際夜行列車でリスボンへ移動

車中泊
リスボン ⇒リスボン
★坂の多い街を路面電車で自由に散策

リスボン泊
リスボン 終日 リスボン滞在
★シントラ、オビドス、ロカ岬などリスボン
 郊外の見どころも魅力です

リスボン泊
リスボン
コインブラ
🚄 リスボン発、コインブラへ移動

コインブラ泊
コインブラ
ポルト
🚄 コインブラ発、ポルトへ移動

ポルト泊
ポルト 終日 ポルト滞在
★河口に広がる街。日数に余裕があれば
 サンティアゴ・デ・コンポスティーラ訪問も可

ポルト泊
ポルト 🛫 ポルト⇒(経由)⇒

機中泊
10 日本 ⇒東京/大阪/名古屋など
ご自宅まで気をつけてお帰り下さい

旅行代金について

当プランの旅行代金は、2名様参加として、1名様あたり およそ30万円~50万円 (空港税、燃油サーチャージ別)です。

ご旅行の時期、日数、訪問箇所、ホテルや観光のご選択によって、金額は大きく変わってまいります。無料でお見積りをお受けしていますので、遠慮なくお問い合わせ下さい。


見どころ紹介

画像

マドリッド

画像
【旧市街のマヨール広場】

スペインの首都。王宮やプラド美術館のほか、フラメンコや闘牛などスペインを代表する文化芸術に触れられる街です。
郊外の城塞都市トレドもおすすめ。街全体が世界遺産に指定されており、半日でいけるほか、歴史的建物を改装したパラドール宿泊も人気です。

リスボン

画像
【シントラのペーナ宮殿】

「7つの丘の街」の異名を持つ、ポルトガルの首都。その名の通り町は起伏が激しく、坂道を走るレトロな路面電車が街のシンボルです。郊外にはユーラシア大陸最西端のロカ岬、古都シントラなど見どころは多く、数日滞在しても楽しめます。
ファドと呼ばれる民族歌謡が名物で、夜に下町のレストランへ繰り出し、郷愁に満ちた歌声に耳を傾けてみては?

ロカ岬

画像
【ユーラシアの西の果て】

ユーラシア大陸最西端の岬。ポルトガルの詩人ルイス・デ・カモンイスの言葉「ここに地終わり海始まる」を刻んだ石碑が立ち、断崖から望む大西洋は広々として雄大、最果ての雰囲気を感じることができます。
とはいえ首都のリスボンから、日帰りで手軽に行くこともできる場所。ぜひ半日時間があったら訪れてみてください。

コインブラ

画像
【学園都市コインブラ】

ポルトガル第3の都市。国内最古のコインブラ大学を中心に発展した文教都市で、丘の上に建つ大学の建物を中心に、街がゆるやかに広がっています。
のんびり徒歩で街を散策してみましょう。学生向けの、手ごろで美味しいレストランが多いのも嬉しいポイントです!

ポルト

画像
【ワイン樽を運ぶ船】

スペインから流れてきたドウロ川の河口付近に広がるポルトガル第2の都市。ポートワインの産地として栄えてきた歴史があります。
川沿いにはワイン工場が並び、工場によってはセラーの内部見学やテイスティングもできます。

アレンジプラン

国旗国旗

リスボン~ポルトの間には魅力的な街が続きます。既婚女性は7枚重ねのスカートを着けるなど、独特の民族衣装で知られる小さな漁師町ナザレは、のどかな海辺の雰囲気を感じたい方におすすめ。

コインブラとポルトの間に位置する水の都アヴェイロは、近年人気のあるアゲタの傘祭りや、ストライプ柄の家が人気のコスタ・ノヴァへの訪問拠点になる街でもあります。

さらに足を延ばして、巡礼地サンティアゴ・デ・コンポスティーラを訪ねることもできます。エルサレム、ローマに次ぐキリスト教3大聖地のひとつ。ピレネー山脈からスペイン北部を横断する巡礼の道は、今も中世の人が歩いた同じ道を徒歩や自転車で辿る人が絶えません。再びスペインに入り、そのままマドリッドへ戻る周遊ルートも楽しいですね。

こちらのプランもご覧下さい♪

列車に乗って、国境を越えて、ヨーロッパの旅は自由自在。世界遺産の観光も、スポーツ観戦も、たびえもんなら思いのまま。モデルプランも多数ご用意していますので、あわせてご参照下さい!

📌見どころ満載!スペイン大周遊

マドリッド、バルセロナの2大都市と、グラナダなど人気のアンダルシア地方を効率よく、自由に巡る。

📌欧州人気都市を網羅する旅♪

ヨーロッパの人気3ヶ国、イタリア、フランス、スペインを一度に楽しんでしまう欲張りなプラン。

📌憧れのアドリア海ひとめぐり

人気上昇中のクロアチアを、イタリア、スロベニアと組み合わせた、憧れのアドリア海周遊プラン。

📌ベネルクス、花と名画を訪ねて

ヨーロッパらしさが詰まったベネルクス。短期間でも自在な周遊ができるのがポイントです。


ほかにも 📌多くのヨーロッパ周遊プラン があります。



 

たびえもんスタッフのひと言

旅行経験豊富な私たちが、みなさまの旅をサポートいたします! お気軽にご相談下さい。

後藤 雅代
(ごっちん)

スペインは地方によって気候や風土が大きく変わります。マドリッド周辺の中央部には乾いた大地に風車が建ち、スペインの原風景、ドン・キホーテの世界観が今も残っています。ヨーロッパの最西端、ポルトガルと合わせて周遊し、大らかでひなびた雰囲気を味わってください。

木舟周作
(ふねしゅー)

ポルトガルからスペインへ。かつて自転車旅行をしていた頃、このプランとは逆の順序で訪れました。国境ではパスポートチェックどころか検問所すらなく、EUは自由に行き来できるのだということを、初めて実感する経験にもなりました。最近は若い人を中心に英語を話せる人も増えてきましたが、当時は特に田舎へ行くと全くだめで、ポストオフィスが通じずに困ったのもいい思い出です。※ちなみにコヘイオといいます



お問い合わせ/ご相談はこちら

画像

📌モデルプラン を参考に、旅行のお見積(無料)をお受けしています。

出発日、周遊ルート、ホテルや観光のご選択によって、ご旅行代金は変わってまいります。
訪問都市の追加や、日数の増減など、アレンジも自由にできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

電話で相談 メールで相談
03-6914-8575
営業時間:月~土曜日(10:00~17:30)
休日:日曜・祝日
総合旅行業務取扱管理者 : 木舟周作
バナーをクリックし、投稿フォームよりご連絡下さい
旅行お見積り
※お問い合わせの際は、旅行先や時期などのご希望をお伝え下さい。
トラベルサロン/オフィス(東京都練馬区)にご来店いただいての旅行のご相談もお受けしています。
 担当者が不在の場合もございますので、事前のご連絡をお願いいたします。
※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取扱う取引に関する責任者です。
 ご不明な点があれば、遠慮なく取扱管理者にお尋ね下さい。
たびえもんロゴ
株式会社たびえもん
電話&FAX 03-6914-8575
東京都登録旅行業第3-6523号、一般社団法人全国旅行業協会(ANTA)正会員
 


本バナー