【アフターコロナ特設ページ】新型コロナウイルス収束に向けて、海外旅行のおすすめは?
【コロナ対応特別プラン】自宅に居ながら留学体験! 英語オンラインレッスン
【国内英語留学】<2020年夏>河口湖キャンプ(小6~) ブリティッシュヒルズ(中1~)

旅行代金が半額に!? お得に賢く、国内旅行を楽しもう!

新型コロナ収束後、国内旅行に割引キャンペーン!?


国内旅行に助成金が出るって聞いたんだけど、どうやったら貰えるんだろう? できるなら安く行きたいし。


コロナで海外旅行は行きにくいから、たまには日本を旅しようと思うんだけど、オススメはどこかな?


国内旅行もたびえもんにお任せ! Go To Travel キャンペーンの助成金を利用した、お得なツアーをご案内できますよ!

※ Go To キャンペーンの詳細はまだ確定しておりません。6月中旬時点の予定に基づいたご案内です

Go To Travel キャンペーン 7つのポイント

1.新型コロナ収束へ画像
新型コロナウイルス収束後の旅行需要を喚起するため、政府による Go To Travel キャンペーンが実施されます。飲食やイベント向けのキャンペーンとあわせ、総額1兆6794億円の予算が計上されています。

2.旅行代金が最大50%オフ画像
キャンペーン期間内に旅行を予約すると、ツアー代金の割引に、現地の飲食や体験に使えるクーポンをあわせ、トータルで旅行代金の半額相当が補助されます。

3.1泊あたり2万円まで画像
金額の上限は1泊あたり最大2万円(ツアー代金補助+クーポン)が予定されています。
たとえば2泊3日80,000円の旅行を予約の場合、ツアー代金が28,000円の補助、食事やアクティビティに使えるクーポンが12,000円、あわせて実質40,000円の割引となります!

4.キャンペーン期間はいつから?画像
まだ詳細が決まっていませんが、おそらく7月から旅行会社による受付が開始され、8月出発分から対象になる見込みです。その後、秋以降、来年の春頃までキャンペーンは続く予定です。

5.どこへ行けるの?画像
北海道から沖縄まで、日本全国どこでもOK! たとえば離島巡りなど、この機会に今まで訪れたことがない場所へ、旅行を計画してみるのもいいですね。

6.旅行で社会貢献!画像
まだ感染が完全に終息していないのに、旅行に補助するなんて税金の無駄遣い? そんな批判もあるかもしれません。
でも、旅行はただの遊びではありません。地域の文化を知り、歴史を訪ね、飲食や伝統産業にお金を落とす。地域を活性化し、復興を支援する役割も担っています。社会貢献の1つとして、キャンペーンを活用してみませんか?

7.たびえもんにお任せ画像
たびえもんなら日本の旅も自由自在。人気の見どころ、快適な旅館やホテル、おすすめ観光スポットまで、国内各地の提携ネットワークを活かしてご案内します。

たびえもん おすすめ国内旅行プラン(一部準備中)

北は北海道から南は沖縄まで、意外と広い日本どこへ行く? ハネムーン、家族旅行、1人旅、グループ旅行など、目的に合わせたアレンジもできますので、ご相談ください。

📌対馬&壱岐&五島列島 お得に島旅!

離島振興の交付金を活用して、お得に賢く! この機会に魅力いっぱい九州の島旅はいかが?

📌「国境の島」対馬スタディーツアー

アクティビティで自然に触れ合い、文化歴史や地域教育・医療問題などを学べるスタディツアー。

📌河口湖イングリッシュキャンプ

富士山の麓で国内留学! 小6~高3対象、英語で添乗員がご案内します。【2020年8月】

📌ブリティッシュヒルズで英国体験

英国の雰囲気を楽しみながら英語レッスン!【2020年8月】

📌五島子供自然体験ツアー/福岡発

自然と歴史に恵まれた長崎県・五島列島のキッズキャンププラン【2020年8月】

📌北海道

たとえば、地平線を追いかけて、道東や知床を周遊。

📌東北

たとえば、芭蕉の足跡を辿って、奥の細道を巡る旅。

📌関東&中部

たとえば、飛騨高山から金沢へ、日本の原風景に出会う。

📌関西

たとえば、奈良から飛鳥へ、日本の歴史をより深く知る。

📌中国&四国

たとえば、しまなみ海道を越えて、瀬戸内グルメを満喫。

📌九州&沖縄

たとえば、普段は行きづらい、離島を目指してみる。

たびえもんスタッフのひと言

旅行経験豊富な私たちが、みなさまの旅をサポートいたします! お気軽にご相談下さい。

後藤 雅代
(ごっちん)

2019年GW10連休に東日本~北陸を中心に巡りました。自然の美しさに終始心を奪われましたし、山一つ越えただけで文化が変わる多様性、今も信仰が息づく寺社など、各地の文化歴史の奥深さに魅了されました。このチャンスを逃さず、旅を通じて日本の素晴らしさを実感してください!

木舟周作
(ふねしゅー)

実は47都道府県の全てを訪れたことがあります。北海道と東北は住んでいたことがありますし、世界一周から帰って来たとき、最初に足を踏み入れた九州&沖縄も思い入れがあります。風景も、気候も、食べ物も、地方によって全然違う、日本は広いなあと感じますね。