たびえもんは旅のチカラでみんなの夢をかなえる会社です。創業理念は「旅育」、未来を担う若い世代の旅を応援します。

一生に一度の究極の旅/南極クルーズ


【参加者募集!】11/10(日)PM『赤ちゃん連れでも行ける 親子で楽しい海外旅行の作り方』

ウシュアイア~ドレーク海峡~南極~プンタアレナス

画像

おすすめポイント 2020年12月出発 最短10日間から行ける南極の旅

画像

一生に一度は訪れたい、憧れの南極大陸! 特別な許可や、訓練、装備がないと行くことができないと思っている方も多いかもしれませんが、実は南米最南端のアルゼンチンやチリから、1週間程度のショートクルーズで上陸することができるんです。

ドレーク海峡を越えて、南極海域のサウスシェトランド諸島へ。悠々と泳ぐクジラや、空をゆくアホウドリ、そして可愛いペンギンや、愛嬌のあるアザラシたちに出会うこともできます。もちろん巨大な氷山も見逃せません。極地ならではの圧倒的な景観は、間違いなく一生の思い出になるでしょう。

2020年12月10日にアルゼンチン南端のウシュアイアを出発するクルーズです。日本からの行程、前後の滞在や観光を含めて、アレンジご相談下さい。

写真

【アルゼンチン最南端の街ウシュアイア】

写真

【船上から動物の生態観察もできます】

ご日程案 日程を延長し、南米の旅を追加するのもおすすめ! ご相談ください

都市名 交通 時間 行程/内容
日本 飛行機
 
東京/大阪/名古屋など⇒(経由)⇒

機中泊
ブエノスアイレス 飛行機
 
午前
午後
⇒ブエノスアイレス
★南米のパリと称される街並みを歩こう

ブエノスアイレス泊
ブエノスアイレス
ウシュアイア
飛行機
 
 
 
ブエノスアイレス発、ウシュアイアへ
★世界最南端の都市、ウシュアイアに到着!

ウシュアイア泊

12/10
ウシュアイア
 
ビーグル海峡
 
午前
午後
★いよいよ憧れの南極クルーズスタート
乗船手続をして、夕方ウシュアイア出航
ビーグル海峡をとおり、ホーン岬へ向かいます

船中泊

12/11
ホーン岬
 
  早朝ホーン岬到着。天候がよければボートで上陸
船は一路、南極へ

船中泊

12/12
ドレーク海峡
 
  ドレーク海峡を越え、サウスシェットランド諸島へ
ミンククジラやザトウクジラの遊泳が見えるかも

船中泊

12/13
南極
 
  南極収束線を越えると、南極の島々が視界に
ボートで上陸、ペンギンやアザラシの営巣地を訪問
アルバトロスなど多くの海鳥を観察したり、
あちこち点在する氷山も見逃せません!

船中泊

12/14
南極
 
 
プンタアレナス

 
 
飛行機
 
 
 
午後
フィルデス湾に上陸し、下船
チリのフレイ基地やロシアの基地へ
周辺を散策し、南極の絶景を満喫してください
空路、プンタアレナスへ

プンタアレナス泊

12/15
プンタアレナス
サンチャゴ
飛行機
 
  プンタアレナス発、サンチャゴへ
そのまま帰国するもよし、
イースター島やアタカマ砂漠へ足を延ばすもよし

機中泊
10  
 
飛行機

 

 
 
 
⇒(経由)⇒
*日付変更線通過*

機中泊
11 日本
 
 
 
⇒東京/大阪/名古屋など
 ご自宅まで気をつけてお帰り下さい

旅行代金について

当プランの旅行代金は、2名様参加として、
1名様あたり およそ70万円~100万円 (空港税、燃油サーチャージ別)です。

ご旅行の時期、日数、訪問箇所、ホテルや観光のご選択によって、金額は大きく変わってまいります。
無料でお見積りをお受けしていますので、遠慮なくお問い合わせ下さい。 ⇒ お問い合わせはこちら


見どころ紹介

ウシュアイア

アルゼンチンの南端、フエゴ島の都市。人口およそ7万人。ウシュアイアよりも南に位置する町はいくつかありますが、いずれも人口は数100人~数1000人程度であり、都市としては世界最南端にあると言われています。南極観光の拠点として、世界中から観光客が訪れる街でもあります。世界最南端の鉄道、「世界の果て列車」南フエゴ鉄道も走っています。

南極

地球の果て、氷に閉ざされた白い大陸。かつて多くの冒険家が命を懸けて目指した極地も、今では安全にクルーズで訪れることができるようになりました。今回のプランでは南極海域のサウスシェトランド諸島へ航海し、各国の南極観測基地および周辺の見どころへご案内します。

プンタアレナス

チリ南端、マゼラン海峡に面し、海上交通の要所として栄えたパタゴニアの中心都市。人口およそ13万人で、10万人を越える都市としては世界で一番南にあり、南極サウスシェトランド諸島への飛行機が発着します。アルゼンチンのウシュアイアと並ぶ南極観光の拠点であり、世界中から多くの観光客が集まります。

写真

【自然が作り出す造形美】

写真

【小型ボートで進む様子はまさに冒険!】

クルーズ船紹介

ヘブリディーン・スカイ号

2016年に改装リニューアル。アウトドアカフェ、クラブラウンジ、サンデッキなどの充実した設備を備えつつ、氷海に優れた航行安定性を誇ります。豪華さと冒険性を兼ね備えた南極クルーズ船です。

基本データ

◆総トン数:4200トン ◆アイスクラス:1C ◆全室海側・窓付 
◆巡航速度:12.5ノット(オープン水域) ◆喫水:5.14メートル 
◆全長:90.6メートル ◆全幅:15.3メートル ◆客室数:48 
◆乗客定員:100名 ◆乗務員:85名 ◆運航主催:Antarctica21社

船室タイプ

<デッキ3>◆四角窓ツイン ◆トリプル ◆シングル
<デッキ4>◆プロムナードツイン ◆デラックスツイン
<デッキ5>◆ベランダスイート
<デッキ6>◆ペントハウススイート ◆オーナーズスイート
全ての船室が海側に面し、景観が楽しめる窓付きのお部屋です。テレビ、冷蔵庫、クローゼット、洗面台、応接セットなどを完備し、快適に滞在いただけます。
おすすめは赤字で記した四角窓ツインと、プロムナードツインの2タイプ。限定仕入によりお部屋を確保、特別料金でご案内いたします。1人参加の相部屋もできますのでお問い合わせください。

アレンジプラン

国旗国旗国旗

2020年12月10日~15日のクルーズの日付にあわせ、前後の旅程を自由にアレンジすることができます。

最短10日間で手軽に南極体験をするもよし、ブエノスアイレスやサンチャゴに滞在したり、イースター島やマチュピチュの観光をプラスするなど、南米大陸の周遊もおすすめです。

上記以外にも数多くの南極クルーズのコースがあります。南極観光のシーズンは白夜が続く11月から3月初旬まで。世界中から予約が入り、半年前、1年前から満員になるコースも多いですので、お早めにお問い合わせください。

旅行代金について

当プランの旅行代金は、2名様参加として、
1名様あたり およそ70万円~100万円 (空港税、燃油サーチャージ別)です。

ご旅行の時期、日数、訪問箇所、ホテルや観光のご選択によって、金額は大きく変わってまいります。
無料でお見積りをお受けしていますので、遠慮なくお問い合わせ下さい。 ⇒ お問い合わせはこちら


こちらのプランもご覧下さい♪

せっかく南極まで行くのなら、ついでに南米各国を周遊したい。そんなわがままアレンジも、たびえもんなら自由自在。陽気なラテン文化に、神秘性あふれる古代遺跡、見どころ盛りだくさんの中南米。日本から遠く、簡単に行けるところではないからこそ、妥協はしたくありませんね。多くのモデルプランをご用意していますので、ぜひご参照下さい!

インカ帝国とアンデスの神秘

いつかは訪れたい憧れの南米大陸、天空都市マチュピチュと、ウユニ塩湖の圧倒的な景観に感動する旅

カリブ&マチュピチュ夢冒険

カリブ海の白砂のビーチと、インカ帝国の神秘マチュピチュ遺跡、メキシコ&ペルーを欲張りに周遊

マチュピチュ&モアイを訪ねて

南米を代表する見どころを一度に巡る豪快な冒険旅行! 他にクスコやアタカマ砂漠も訪ねます

情熱大陸! 南米ラテンの旅

ブラジルとアルゼンチン、地球の裏側、南米2大国を味わいつくす! ラテン文化と絶景の贅沢周遊プラン

⇒ ほかにも 多くのアメリカ&中南米周遊プラン があります。

 

たびえもんスタッフのひと言

旅行経験豊富な私たちが、みなさまの旅をサポートいたします! お気軽にご相談下さい。

後藤 雅代(ごっちん)

画像

南極に行って来た! どんな向こう見ずな冒険野郎かと思いますが、今は設備の充実した観光船が多く就航し、安全に南極観光ができます。短距離航路のクルーズ船を選べば日本からでも最短11日間で南極まで往復可能。どうせ海外に行くならもはや「国」ですらない極地まで到達してみるのも一興、大自然を心ゆくまで堪能してはいかがでしょうか。お問い合わせお待ちしております!

木舟 周作(ふねしゅー)

画像

人生いつかは南極へ。大変な大冒険をイメージするかもしれませんが、設備の整ったクルーズ船を利用しますので心配はいりません。真っ白な氷河、悠然と海を泳ぐクジラに、かわいいペンギンたち。幾多の出会いがあり、きっと忘れえぬ体験になるでしょう。一生に一度と言いつつ、実際はその魅力の虜になって、何度も繰り返し通う人もいるそうです。




お問い合わせ/ご相談はこちら

画像

モデルプランを参考に、旅行のお見積(無料)をお受けしています。

出発日、周遊ルート、ホテルや観光のご選択によって、ご旅行代金は変わってまいります。
訪問都市の追加や、日数の増減など、アレンジも自由にできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

電話で相談 メールで相談
03-6914-8575
営業時間:月~土曜日(10:00~17:30)
休日:日曜・祝日
総合旅行業務取扱管理者 : 木舟周作
バナーをクリックし、投稿フォームよりご連絡下さい
旅行お見積り
※お問い合わせの際は、旅行先や時期などのご希望をお伝え下さい。
トラベルサロン/オフィス(東京都練馬区)にご来店いただいての旅行のご相談もお受けしています。
 担当者が不在の場合もございますので、事前のご連絡をお願いいたします。
※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取扱う取引に関する責任者です。
 ご不明な点があれば、遠慮なく取扱管理者にお尋ね下さい。
たびえもんロゴ
株式会社たびえもん
電話&FAX 03-6914-8575
東京都登録旅行業第3-6523号、一般社団法人全国旅行業協会(ANTA)正会員
 



本バナー




PAGETOP
    Copyright © 株式会社たびえもん All Rights Reserved.