長女が小1か小2の頃、誕生日に一輪車を欲しがったことがありました。

 金額的にも手頃なので買ってあげたのですが、運動神経がそれほど優れているわけでもなく、何回か転んで痛い目に合うと、それで飽きてしまうんじゃないかと、実は思っていました。

 児童館の一輪車クラブに参加したりすることもなく、案の定しばらくすると、埃をかぶるようになりました。

 ところが小5になったある日、久しぶりに一輪車を引っ張り出しているなと思ったら、支え無しで、すいすい乗っている。あれ、いつの間に?

 聞くと、乗り方の本を見たりして試行錯誤の結果、ふとしたコツをつかんで、乗れるようになったのだとか。空中乗りはできないし…と謙遜しつつ、颯爽と一輪車をこぐ姿は、達成感に満ちているように見えました。

 ちなみに僕は、自転車の手放しはできますが、一輪車は無理です。自分ができないから、我が子も難しいだろうと勝手に思い込んでいたのです。

 あきらめずに挑戦して、できるようになると自信になりますね。子供に教えられた気がします。